レモンの絞り方マナーは、一切れのレモンに込められた思いから

レモンの切り方マナー

レモンの絞り方は、輪切り・半切りなだの切り方や、和食と洋食で対処法が違います

料理に添えられたレモン、どうしていますか? レモンの絞り方にもマナーあり。たかがレモンと言うなかれ。一切れのレモンに料理人の心意気が宿っています。あのレモンには、料理をより一層おいしくするための工夫がほどこされています。その意図を知り、食事のマナーやおもてなしのセンスを磨いてみませんか。
   

輪切り、半切り……レモンの切り方と料理人が込めた思い

添え物のレモンには様々な切り方がありますが、何となくカットされて置かれているわけではなく、料理人からのメッセージが込められています。
  • 半切り……たっぷりと果汁をかけてお召し上がりください
  • くし切り……ぜひ果汁をかけてお召し上がりください
  • 輪切り……レモンの風味をそえてお召し上がりください
  • 飾り切り……美しさと風味をお楽しみください

プロであれ素人であれ、料理をする人は、その料理をいかに美味しく、いかに心地よく食べていただくかを考えながら、仕上げにレモンを添えているのです。

どうしたらいい? 添え物レモンのマナーや、絞るか絞らないか

レモンの絞り方・マナー

添え物レモンをかける・かけないはお好みですが、マナーがあります

では、食べる人はどうしたら良いのでしょう? レモンに込められた料理人からのメッセージを読めば対処法もわかります。もちろん、かける・かけないはお好み次第ですが、単に絞ればいいわけではありません。
  • レモンの切り方によって、絞り方も違います
  • お箸を使う和食と、ナイフ&フォークを使う洋食ではしぼり方が違います
  • 果汁が飛び散らないよう気をつけるのも大事なマナーです
 

半切りレモンの絞り方マナー

半切りレモンの絞り方、洋食はフォークをねじるようにしながら

洋食に添えられた半切りレモンの場合、フォークをねじるようにしながら絞りましょう

半分にカットされただけのレモンは、たっぷりと果汁をかけていただきたい料理に添えられています。比較的カジュアルなシーンが多いので、お好みの量を気楽に絞ってOK

【和食の場合】
片手にレモンを持ち、果汁が飛び散らないよう、もう片方の手でそれを覆うようにしながらしぼります。

【洋食の場合】
片手にレモンを持ち、もう片方のフォークで果肉の中央を刺し、フォークの先をねじるようにしながら果汁をしぼります。あまり勢いよくすると果汁が飛び散るので、ゆっくりと。また、フォークを使わず、手でしぼっても構いません(和食の場合と同じです)。
 

くし切りレモンの絞り方マナー

くし切りレモンの絞り方、洋食の場合はフォークにさす

くし切りレモンの絞り方マナーは、洋食の場合はフォークにさすのがポイント

くし型にカットされたレモンは、ぜひ果汁をかけていただきたい料理に添えられています。皮の部分を持つので絞りやすく、果肉に触れないため手も汚れず衛生的です。

【和食の場合】
片手にレモンを持ち、果汁が飛び散らないよう、もう片方の手でそれを覆うようにしながらしぼります。

  【洋食の場合】
果肉の真ん中をフォークで刺し、もう片方の手でそれを覆うようにしながらしぼります。果汁がフォークを伝うので飛び散ることもありませんが、あまり勢いよくすると飛び散るので注意しましょう。

輪切りレモンの絞り方マナー

輪切りレモン絞り方 手で絞らず軽く押し付けて風味をうつす

輪切りレモンは、手で絞らず軽く押し付けて風味をうつします

輪切りにしたレモンは、果肉に手が触れるため、手で絞るものではありません。だから、風味をうつす程度で味わってほしい料理に添えられています。好みに応じて絞っても構いませんが、正式な席では控えた方がいいでしょう。

【和食の場合】
料理の上にレモンをのせ、箸で軽く押し付けるようにします。両手に箸を持ち、互いに刺してまわししぼる方法もありますが、正式な席では控えましょう。

【洋食の場合】
料理の上にレモンをのせ、フォークで押さえながら、ナイフで軽く押し付けるようにします。
 

飾り切りレモンのマナー

飾り切りレモン マナー・絞らない

こちらの飾りレモンの作り方:下部を切り離さず、3枚になるようカットする→下部から中心に向かって切り込みを入れ、互い違いに開く

細工をほどこしたレモンは、主に彩りを添えるためのもの。凝った細工なら、その美しさを視覚で味わった方がいいですし、風味をつけて味わいたい場合には、輪切りレモンと同様に扱いましょう。

レモンをかけるときのマナー

レモンの添え方・絞り方マナー

味や見た目を考えて、レモンを添えて出来上がり

料理人は、レモンひとつにも気を配っています。それはプロに限ったことではなく、私達素人も同じでしょう。美味しいひとときを過ごすためにも、仕上げのレモンに託されたメッセージを読み取り、それに応じた振舞いをすることが大切ですね。

また、手で絞るものは手が汚れない切り方(半切り、くし切り)をしているわけですから、必要以上に手を汚さないようにしましょう。

ただし、味の好みは人それぞれ違います。個別の料理は自分の好みで構いませんが、複数でいただくときは、他の人にも配慮しましょう。人数分のレモンがついている場合は、取り分ける際にレモンも添えて。それ以外の場合には、かける前に必ず声をかけましょう。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。