「出会い」の幅を広げてくれる、普遍的なデザイン!

ホールカットプレーントウ

こちらはシンプルなホールカットプレーントウです。木型の普遍的な造形が最も理解できるデザインです。鳩目を5穴に変更したり、つま先にメダリオンを追加したりも、無料です。ハンドソーン・ウェルテッド製法九分仕立て。これと同じ仕様で15万7500円(小笠原シューズ TEL:042-461-6673)

日本の手作り靴の文化と伝統の灯を守り続けてくれた最大の功労者でありながら、これまでは著名な専門店や百貨店向けにのみ靴を製造し、言わば影武者に徹していた小笠原シューズ。フルオーダーとパターンオーダーの2枚看板体制となるオリジナルブランド「συναντω」は、小笠原社長をはじめとする7人の職人のうち、工場長の根岸さんなど同社の次世代を担う3人を中心に運営されます。

ちなみにこのブランド名は、「会う」とか「出会う」を意味するギリシャ語。連綿と継承されて来た技術を最大限に活かしつつ、これまでの立場から一歩踏み出し、お客様と直接応対する意気込みを示しているかのようです。

パターンオーダーで用意されている基本デザインは以下の9種類。そのどれもが流行に左右されず過度に目立ちこそしない分、履き手の身体や心理に溶け込んで行きそうなものばかりです。
内羽根式
ホールカット6穴プレーントウ
、5穴キャップトウ(ストレートチップ)、6穴セミブローグ、6穴フルブローグ
外羽根式
Vフロント3穴プレーントウ、5穴プレーントウ、5穴セミブローグ、5穴フルブローグ
【モンクストラップ】
ダブルモンク(このデザインのみ、プラス4200円のオプション料金がかかります)
セミブローグ

内羽根式のセミブローグです。これもビジネスマンなら何足あっても決して無駄にはならないデザインでしょう。つま先のメダリオンの交換や、ヒールカウンターのブローギングの省略は無料で可能です。ブラックラピド製法。これと同じ仕様で11万9700円(小笠原シューズ TEL:042-461-6673)

そして、紙型(デザインパターン)のデザイン線に関わらない小変更には、何と無料で応じてくれるのが、ここのパターンオーダーの一大特徴! つまり鳩目を6穴から5穴に変更したり、ストレートチップをパンチドキャップトウにしたり、つま先にメダリオンを追加したり、フルブローグをブラインドフルブローグに変えたり等には、オプション料金が掛からないのです。

ちなみに小笠原シューズではブローギングやメダリオンの穴は、機械に頼らず全てひとつひとつ手で開けて行きますので、この柔軟性はありがたいと言うべきか、いや無料の変更はあまりに申し訳ないと言うべきか……。


次のページでは、木型と底付けの種類について!