種類が案外、あるのです

キャップトウ
これらは全てキャップトウと呼ばれるものです。プレーントウの時と同様、全てイギリス製ですが、それぞれの靴で雰囲気はやはり随分異なります。


前回のプレーントウとは異なり、今回は各靴の色を変えてみたので、多少は区別しやすいかと思います(笑)。これらの3種類の靴は、いずれも「キャップトウ」と呼ばれているもの。爪先の縫い目にのみ表情をつけたスタイルの靴を、こう総称します。

こちらも厳密には、足を紐ではなくバックルやゴムで固定する靴にも存在するのですが、今回も紐靴のものについて、詳しく見てみましょう。


冠婚葬祭に最適なストレートチップ

チャーチのコンスル
ストレートチップの国際標準とも言えた、チャーチのコンスル。これは名作「73」ラストを用いた旧モデル。「173」木型で展開する現行品は当初「オズボーン」と言う名でデビューしましたが、2007年秋からはそのモデルに「コンスル」の名を冠しています。


上の写真のように、爪先に一文字状のステッチングのみを施したスタイルの靴を、「ストレートチップ」と呼びます。ご年配の方を中心に、「一文字」の愛称で親しまれている方も多いかもしれません。キャップトウの代表格と言っても過言ではなく、この靴で真っ先に思い浮かべるのは、恐らく内羽根式の黒のものでしょう。

なぜなら内羽根式の黒のこの靴は、ビジネス用としてだけでなく、礼装用としても不可欠な、「特別なもの」だからです。厳密にはモーニングなどの「昼間の儀式用の礼装」に合わせる靴の模範解答になります。鼻筋に線がシャープに通ったような凛々しい印象を与えるので、確かに個人的にも、このスタイルは内羽根式のプレーントウと同様茶系は眼中になく黒のみ、使う場面もセミフォーマルユース以上のかしこまった場に限りたくなります。

だからでしょうか、日本では1980年代までは、この靴は茶系のものがほとんど売られていなかった記憶があります。日本のお店で茶系のこの靴が増えてきたのは、イギリスやアメリカ東海岸ではなくイタリアの男性の装いに強い影響を受けるようになった、1990年代以降になってからです。


華やかさが加わるパンチドキャップトウ

エドワード グリーンのバークレイ
パンチドキャップトウの代表選手、エドワード グリーンのバークレイ。チェスナットブラウンの色合いが、スタイルの華やかさを一層引き立てます。


爪先にストレートチップのようなステッチングではなく、一文字状のブローギング(穴飾り)のみを施したスタイルの靴を「パンチドキャップトウ」と呼びます。ストレートチップとの違いは本当に極僅かですが、こちらの靴の方が、何となく華やいだ表情が加わる気がしないでもありません。

内羽根式の黒の場合、ストレートチップに比べ格式はわずかに落ちるようですが、よほどのフォーマルな場でない限り代用は十分可能です。この種の靴の発祥地であるイギリスの老舗の靴店に行っても、大抵の場合どちらの靴も”Cap Toe”で同格の扱いです。

とは言え温和な雰囲気も加味されるので、詳しくは後述しますが、これならば黒でもフォーマル用に限る必要もなく、ビジネス用にも兼用できるかと思います。また、ご覧の通り茶系の靴でもかなり高貴な印象を与えますので、こちらは平日のビジネスユースのみならず、畏まり過ぎない程度に誠意を示したい場を、土日にプライベートに訪問する際などに最適でしょう。

次のページは「やっぱりきちんと履きたくなる靴!」などです。礼装について皆さんが感じている「あの疑問」についても、解答を出しております!!