「高さ」って一体どの部分?

ヒールの高さの測り方!

ヒールの高さの正しい測り方! 靴の最後端部で、「地面に垂直に」測ります。例えばこの靴のヒール高さは約3cm。このように斜めにカットされているものは、「縦方向の長さ」がそのまま「高さ」にはならないので注意!

前回から時間が大分空いてしまいましたが、「メンズシューズ基礎徹底講座」では、目下紳士靴に付くヒールについて様々な考察をしております。前回は素材についてでしたが、靴の用途やデザインそれに設計理念やコスト等を考慮して、牛革ラバー或いはレザーボードがトップリフト(トップピース)やヒールリフトの部位単位で選択して用いられている事がお分かりいただけたかと思います。トップリフトに関して申し上げれば、メイン素材がレザーのものは確かに高級感に優れるのですが、安全面や耐久性から見るとオールラバーのものに軍配が上がる訳です。

さて今回は、靴の印象を大きく変化させる重要な要素でもある、ヒールの「高さ」について考えてみたいと思います。まずは基本中の基本「どの部分を、どう測るか?」ですが、紳士靴の場合は上の写真にある通り、「靴の最後端部において、アッパーの最下端からトップリフトの接地面までの距離を、地面に垂直に測った長さ」がヒールの高さになると考えていただければ結構です。ヒール最後端部そのものの上下方向の長さを測ってしまうケースが多いのですが、これだと斜めにカットされたヒールの場合、「高さ」にはならないのでご注意あれ!

実はヒールの高さの測定方法には、もう一つ。
「ヒールの最前端部において、アッパーの最下端からトップリフトの接地面までの距離を、地面に垂直に測った長さ」なるものが存在します。実際、アメリカなどの一部の外国では、この長さをヒールの高さと定義しているようです。ただ、婦人靴とは異なりヒールの前端と後端とでの傾斜、すなわち高さの差が殆ど起こらない紳士靴の場合、こちらは気にしなくても大丈夫でしょう。


「高さと言ってもねぇ……」と、これまで全く気になされなかった方も多い筈。その理由は、次のページへ。