果たしてどう修理すべき?

レザーソールの穴開き
牛革のアウトソールに穴が開き、中身のコルクが見えそうになっています。ここまで来てしまう前に既に要修理段階なのですが、その方法は意外と迷うところです。


前回はレザーソールの厚みの種類について解説した、この「靴の『底』について考えてみる」シリーズ。アウトソールにミッドソールを加えるか否か、加えるとしたらどう入れるか次第で、単に靴の重量だけでなくその性格も大きく変わってしまう事をご理解いただけたかと思います。雰囲気ばかりで選ぶ仕様ではないのです(が、実際はそうなってしまっているものも少なくないのが辛い……)。

ただ、どのような厚みのものであれレザーソールに避けて通れない宿命が、地面との摩擦による擦り減りです。そう簡単に減るものではありませんが、ラバーソールに比べこの点ではどうしても劣り、気付かぬうちに上の写真の如くアウトソールの中央部に穴が開き中身が見えていた、なんて事も起こり得ます。流石にここまでの状態にならなくても、路上の小石等の凸凹を直接感じるようになり、そこがペコっと容易に押せる程度の薄さに擦り減ってしまったら、そろそろアウトソール交換(いわゆるオールソール交換)が必要なサインですよ。

で、この修理を行う段階になって初めて、選択に結構戸惑う案件が一つ、出て来るんだよなぁ…… 修理店のメニューに上記の「オールソール交換」だけでなく「ハーフラバー貼り付け」と言うものがあるのは、皆さんご存じでしょう。文字通りレザーソールの前半分に薄いラバーソールを張り付ける修理で、前者に比べ圧倒的に費用もかからず、開いた穴も十分防げるので、「これでもいいか!」とふと思えてしまうものの、「底に封をして、靴に余計なダメージを与えないかな?」と一抹の不安も感じるのではないでしょうか。読者の方からも度々ご質問いただく、この「オールソール交換」VS「ハーフラバー貼り付け」、果たしてどちらにすべき?


次のページでは、小生なりの選択基準をご紹介!