おっきりこみのレシピ! 群馬県の郷土料理のおいしい食べ方は?

カテゴリー:その他郷土料理百選

 

群馬県の郷土料理「おっきりこみ」とは? レシピと美味しい食べ方

手打ちの太麺と季節の野菜や里芋、大根などをたっぷりの汁で煮込んだ料理です。

うどんを「切っては入れ、切っては入れ」食す様子から、自然とこの呼び名がついたといわれています。地域によっては、「煮ぼうと」や「煮ぼうとう」、「おきりこみ」とも呼ばれています。昔、農作業を終えた女性たちが、栄養バランスに優れ手早く大量に作れる料理として作り始めたのが発祥と伝わっています。

今では一般家庭でも多く作られており、おふくろの味として愛されています。

レシピ協力:ロケーションリサーチ株式会社


おっきりこみの材料(1人分

おっきりこみの材料
うどん (平打ちうどん)1玉
鶏肉 30g
大根 50g
にんじん 1/4本
ごぼう 1/4本
白菜 3~4枚
まいたけ 30g
しめじ 1/4パック
しいたけ 2個
里芋 2個
ねぎ 1/4本
柚子 (柚子の皮)適量
サラダ油 適量
だし 360cc
醤油 (濃口しょうゆ)大さじ2
みりん 小さじ1
小さじ1

おっきりこみの作り方・手順

おっきりこみの作り方

1:

材料を食べやすい大きさに切る。鍋にサラダ油をひき、材料を強火で炒める。

2:

全体がしんなりとしたら、鍋にだし汁と濃口しょうゆ、みりん、調理酒を入れ、強火で煮る。

3:

煮立ったらうどんを入れ、所定の時間、中火で煮る。打ち粉がついた状態のうどんであれば、10分が目安。ゆずの皮をお好みで振りかけて完成。

ガイドのワンポイントアドバイス

是非うち粉がついた生のうどんで作ってみて下さい。独特のとろみをだすことができます。うち粉がついていないうどんを使う場合は、2の手順で材料を煮る際に、片栗粉をひとつまみ入れて下さい。それに近いとろみを出すことができます。材料にほうれん草やなすを入れてもいいと思います。冬なら下仁田ねぎを使うのがお薦め。お酒は辛口の純米酒が合いますよ。(このむ 三光坂下 店長 加賀谷)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。