ゴーヤの味噌汁レシピ!朝から栄養満点

所要時間:10分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋味噌汁

 

栄養豊富なゴーヤをお味噌汁に

夏野菜のゴーヤは、別名にがうり。苦手な人もいるかもしれませんが、この苦みこそが夏バテの解消にも一役買ってくれるものなのだとか。紫外線が気になるこの季節に積極的に摂りたいビタミンCも豊富です。(ゴーヤの特徴や栄養価については、『ゴーヤの栄養・選び方・保存方法』に詳しく紹介されています)

ゴーヤといえばチャンプルーなど炒め物が定番ですが、今回はお味噌汁の具材として使いました。簡単に作れる上に、栄養が偏りがちな一人暮らしの朝食にも食べやすい一品。ひとりでは食べ切れなかったら、冷やして飲むと、これまた美味しいですよ。
 

ゴーヤの味噌汁の材料(2杯分

ゴーヤの味噌汁の材料
ゴーヤ 1/4本
豚肉 50g
すり白ごま 大さじ2
だし 400ml
味噌 大さじ2
ごま油 大さじ1
だし汁は、カツオ出汁がおすすめです。市販のだしの素でもOKですが、塩分があるときは、味噌の量を少なめにするなど調整をしてください。豚肉は肩やモモ、ロース、細切れなどお好みのものでOK。ただし、冷やして飲むときは豚肉の脂分が固まってベトベトになることがあるので、モモなど脂身の少ない部位を使うことをおすすめします。

ゴーヤの味噌汁の作り方・手順

ゴーヤの味噌汁の作り方

1:材料を切る

材料を切る
ゴーヤは半分に切って、種とワタを取り除き、薄切りにします。豚肉は一口大に切ります。
ゴーヤの種とワタはスプーンで掻きとります。白い部分に苦みがあるので、苦手な人はしっかりと取り除くと和らぎます。

2:材料を炒める

材料を炒める
鍋にごま油を熱し、豚肉を加えて炒め、色が変わったら、ゴーヤ、白ゴマを加えます。

3:味噌を加える

味噌を加える
だし汁を加え、煮立ったら、味噌を加えて、できあがり。冷やして飲んでも、さっぱりとして美味しいです。

ガイドのワンポイントアドバイス

ゴーヤのシャキシャキとした食感を残した方が美味しいので、最初に炒めすぎないでください。油が回ったら、だし汁を加え、一度煮立ったら、すぐに味噌をときましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。