夏場の授乳を少しでも快適なものにするには?

授乳は親子が密着して行うので、夏は特に暑さを感じやすい

授乳は親子が密着して行うので、夏は特に暑さを感じやすい

年々夏の気温が上がり、赤ちゃんを抱っこしての授乳は、ママもかなり体力を消耗することになります。そこで夏場の母乳育児が少しでも快適になるポイントをいくつかご紹介したいと思います。

【目次】
  1. 服装:赤ちゃんもママも吸湿性のある素材で
  2. 汗:ママは腕カバー、赤ちゃんは背中に汗取りガーゼを
  3. 扇風機:風が直接当たらないようにすればOK
  4. 水分補給:赤ちゃんだけでなくママもしっかりと
 

服装:赤ちゃんもママも吸湿性のある素材で

授乳でママと赤ちゃんの密着度が増すと、1回15~20分の授乳でも、お互いにかなりの汗をかきます。それが1日に7~10回はあるので、親子ともども汗疹になりやすい環境になります。そこで、なるべく吸湿性のよいもので汗を取る工夫をしたいものです。

■ママはなるべく前開きのブラウスなどを着用
意外に思われるかもしれませんが、前開きのブラウスのほうがTシャツよりも通気性がよく、片方でもすぐおっぱいを出せます。

■授乳用ブラジャーはこまめに替える
授乳用のブラジャーも、なるべくコットン100%のものを選び、レースなどの化繊が入っていないものを選びましょう。生理用ナプキンと同じ素材の使い捨て授乳用パッド(母乳パッド)も蒸れの原因になります。

乳房にも汗疹や湿疹ができやすくなるので、お風呂以外にもシャワーを浴びたりして、清潔に保ち、乳房を出して乾燥させましょう。コットン製の洗える母乳パッドもよいです。
 

汗:ママは腕カバー、赤ちゃんは背中に汗取りガーゼを

腕カバー

腕カバーは赤ちゃんの頭の汗もとれるので快適

授乳時、赤ちゃんは額や頭全体にびっしょり汗をかきます。それを放っておくと汗疹の原因にもなります。

そこでおすすめなのが腕カバー。汗を受けて快適に授乳ができます。タオル地でもよいですし、ガーゼやパイル地でもOK。吸湿性がよく、綿100%の素材なら何でもよいでしょう。

タオルを腕に巻くだけでもよいですが、カンタンに手作りできます。正方形のハンドタオルを裏返しにして端を縫い合わせ、ひっくり返せばできあがりです。

赤ちゃんの背中にはガーゼを1枚入れておくと、授乳後に寝てしまった赤ちゃんの着替えを心配しなくてすみますね。汗取りガーゼは市販されていますが、普通のガーゼでも十分代用できます。
 

扇風機:風が直接当たらないようにすればOK

赤ちゃんに扇風機の風を直接当てることは望ましくないのですが、授乳時だけは「弱」であれば使用しても大丈夫です。赤ちゃんがまだ新生児の時は壁に上向きに当てるとよいでしょう。

授乳に慣れてきたら、外出先などではうちわなども利用してもOKです。エアコンがない場合などは、保冷剤をガーゼに巻いて汗を拭き取ってあげましょう。
 

水分補給:赤ちゃんだけでなくママもしっかりと

スープ

具だくさんのスープで栄養をつけよう

ママの水分補給は、夏場は汗で出てしまう分も考えて、最低でも3~4リットルは摂るようにしましょう。

食欲も落ちる時期なので、栄養のある野菜ジュースやスープなどもおすすめです。冷たいものばかりだと胃腸が消化不足になりやすく、それが母乳分泌低下の原因になることも。食事は味噌汁や具だくさんのミネストローネ、かぼちゃのスープ、ポトフなど、できるだけ温かいものを摂りましょう。

また、炎天下の時間帯は外出を避けて。なるべく家で横になり、赤ちゃんと一緒に昼寝をして体を休めることをおすすめします。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。