母乳育児 ガイド 浅井 貴子

あさい たかこ

ゆっくり、ゆっくりママになればいいんだよ。

新生児訪問指導歴約25年以上のキャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。ベビーマッサージや妊婦さん向けのセミナーの講師を多数務める。

得意分野

産前、産後の代替医療(アロマ、ハーブ、運動療法)全般

ガイドからの挨拶

新生児訪問や母親学級、マタニティースイミング、アクアビクスのコーチとして、多くのプレママから産後のママ、赤ちゃんと接しています。そのなかで、今は普通に子育てするのが難しい時代だと痛感しています。氾濫する育児情報で混乱したり、不安になったりすることも多いのではないでしょうか。私の担当する「新生児育児」「母乳育児・授乳」サイトでは、インターネットの情報の中にも、温かさと優しさを感じていただけるよう、わかりやすく、すぐに役立つバランスのよい育児情報を提供していきたいと思っています。得意分野はアロマや東洋医学、エクササイズを取り入れた赤ちゃんの体調改善。そして、子育てするママ自身のお世話術です。育児の主役は、赤ちゃんではなく、実はママ。ママが元気で健やかでいれば、赤ちゃんのご機嫌もよくなり、家庭も地域社会も円満になることでしょう。子育てするママたちにエールを送り続けていきたいと思っています。また、3歳までは人生の基礎を作る、大事な時期です。家の工事で例えるなら、土台や基礎工事をしている段階。子育て中は自分の時間もなく、ストレスの溜まる時期ですが、肩の力を抜きながらゆっくりママになっていきましょう。

メディア掲載実績

雑誌miku
miku's eye 05 赤ちゃんの布団・ベビーベッド選び
2017年06月24日

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • 赤ちゃんの乳児湿疹・脂漏性湿疹・あせもの原因とケア

    赤ちゃんの乳児湿疹・脂漏性湿疹・あせもの原因とケア

    新生児期の赤ちゃんの顔や頭皮にできる「乳児湿疹」「汗疹・あせも」「脂漏性湿疹」の3つについて、原因やいつからいつまでに発生しやすいのか、スキンケア方法などを紹介します。

    掲載日:2018年07月02日新生児育児
  • 揺さぶられっ子症候群!高い高いやこんな症状は危険?

    揺さぶられっ子症候群!高い高いやこんな症状は危険?

    揺さぶられっ子症候群(ゆさぶられっこ症候群)とは、乳児の身体を大きく揺することにより網膜出血、硬膜下血腫またはクモ膜下血腫が引き起こされることをいいます。いつまでかというのは、新生児~生後6ヶ月未満の乳児がなりやすいと言われています。普段のお世話やあやし方で揺さぶられっ子症候群になることはありませんが、長時間の車の運転による振動や子どもを投げるような遊びは気をつけましょう。

    掲載日:2018年06月22日新生児育児