光化学スモッグの原因や影響、対策を知っておこう

大気汚染は人体にも影響する可能性が。光化学スモッグ注意報の発令状況には気を配っておきたい

大気汚染は人体にも影響する可能性が。光化学スモッグ注意報の発令状況には気を配っておきたい

夏、暑くなってくると「ただいま、光化学スモッグ注意報が発令されました!」という警報を耳にすることもあるでしょう。

赤ちゃんや小さいお子さんを持つ方は、「外遊びしないほうがいいのか」「洗濯物は外に干さないほうがいいのか」などと気になるものです。

光化学スモッグについては、いま子育て中の保護者の方をはじめ、これから子育てをはじめる方も、ぜひ知っておいてほしいものです。基本的な情報をまとめましたので、ぜひご覧ください。

光化学スモッグとは何? その原因

大気汚染は人体にも影響する可能性が。光化学スモッグ注意報の発令状況には気を配っておきたい

光化学スモッグは、簡単に言うと「大気汚染物質」です。

光化学スモッグは、簡単に言うと「大気汚染物質」です。

自動車の排ガスや工場の排煙には、窒素酸化物(NOx)や揮発性有機化合物質(VOC)といった大気汚染物質が含まれます。ここに太陽の紫外線が当たると「光化学反応」が起き、大気中に「光化学オキシダント」が発生します。これが、光化学スモッグの原因物質となるのです。


光化学スモッグが発生しやすい状況

では、どのようなときに「光化学オキシダント」が発生しやすくなるのでしょうか?
  • 最高気温、25℃以上
  • 日中、2.5時間以上の日照りがある
  • 夏型の気圧配置であること
などの条件が揃ったときです。

つまり、梅雨の合間や、初夏、夏などに多く発生しうることがわかりますね。


光化学スモッグの症状や人体への影響

光化学オキシダントの濃度が高くなると、人体に悪影響を与えかねません。特に赤ちゃんや小さい子どもは影響を受けやすく、目や喉などの痛み、咳といった症状が出ることもあります。

※詳しくは「注意報発生! 光化学スモッグの症状・対処法」をご覧ください。


光化学スモッグ注意報の発令基準

冒頭でふれた光化学スモッグ注意報・警報は、光化学オキシダントの濃度が一定の基準を超えると発令されます。たとえば東京都の発令基準は以下のとおりです。
  • 光化学スモッグ注意報
    オキシダント濃度が120ppb以上の状態になり、その状態が継続すると認められるとき
  • 光化学スモッグ警報
    オキシダント濃度が240ppb以上の状態になり、その状態が継続すると認められるとき

光化学スモッグが発生したときの対処法

光化学スモッグ注意報・警報が発令されたら、以下のように対処しましょう。
  • お子さんと屋外で遊んでいた場合:すみやかに屋内に入る
  • 屋内にいる場合:風の向きを考え、窓を閉める
  • 目やのどの痛み、咳などの症状が出た場合:目を洗ったりうがいをしたりして安静に
  • 症状が良くならない、あるいはひどくなった場合:医師に診察してもらう
※対処法については「光化学スモッグ・紫外線への対処法」もあわせてご覧ください。

光化学スモッグ注意報の発令状況を確認するには

光化学スモッグ注意報・警報が発令されたら、自治体によってはメールを配信したり、防災無線のスピーカーで知らせてくれるはずです。

もし自分で確認したいなら、環境省の大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」が便利。光化学スモッグだけでなく、黄砂やPM2.5の発生状況も確認できます。なお、パソコンだけでなく、スマートフォンや携帯電話でも見ることができます。

あるいは、「光化学スモッグ注意報 東京都」など、お住まいの自治体名とセットで検索すれば、注意報や警報の発令状況を見られるサイトが見つかるはずです。たとえば東京都のように、メールアドレスを登録しておくことで、注意報や警報が発令されたら通知メールを受け取れるところもあります。

※参考:東京都 光化学スモッグ情報

家を出る前にパソコンで、あるいは屋外で遊んでいて「暑いな」と感じたらスマホでチェックして、光化学オキシダントからお子さんを守りましょう!

▼暑い夏を乗り切る育児のポイントはこちら
※2017年7月5日、編集部にて加筆・更新しました
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。