夏でも赤ちゃんの水分補給は母乳だけで足りてるの?

暑い時期、赤ちゃんに何を飲ませればいいの?

暑い時期、赤ちゃんに何を飲ませればいいの?

夏場の赤ちゃんの水分補給のやり方や目安と頻度について解説します。乳児の水分補給は母乳やミルクで十分といわれていますが、夏のおでかけも、本当にそれで十分なのでしょうか?

赤ちゃんはのどが渇いても、暑すぎて具合が悪くなっていても、話せないので「泣く」ことしかできません。そのサインを見逃さず、またそのような状況にさせないように、赤ちゃんの状況に注意を払ってあげたいですね。

赤ちゃんは大人よりも水分が多く、代謝が激しいので、水分が足りないと、その体内の水分バランスを壊しやすくなってしまいます。赤ちゃんの水分補給は母乳やミルクだけで十分と言われていますが、母乳やミルクだけで足りなくなり、水分バランスが崩れがちになる時があります。それは「真夏のおでかけ」。

外出先ではいつでも母乳やミルクをあげられるわけではないので、特に注意したいですね。

赤ちゃんの水分補給では何を飲ませるべき?白湯や麦茶が正解

麦茶やお白湯を持ち歩いて
では母乳やミルクに加えて水分補給が必要な場合、赤ちゃん(乳児)には何をあげたらいいのでしょうか。

このような時には果汁ではなく、白湯か麦茶がいいでしょう。また売られているベビー用のイオン飲料でもいいかもしれません。水分補給が初めてなら、まず白湯からチャレンジしましょう。

白湯は「さゆ」と読み、よく「おさゆ」と呼ばれています。これは一度沸騰させたお湯を常温程度まで冷ましたものを指します。きちんと煮沸したほうが赤ちゃんには安心だという衛生的な配慮によるものです。白湯や麦茶は生後2ヶ月頃から与えてもOKです。お風呂あがりなど少し喉が渇いていそうな時に試しにあげておくと、いざという時の練習や慣れにもなるでしょう。


赤ちゃんの水分補給量の目安

赤ちゃんに与える水分量は目安は、体重10kgまでは1kgあたり1日100mlと言われています。これは母乳やミルクも含まれた量なので、10kgの赤ちゃんであれば、母乳やミルクと併せて1リットル程度です。暑い日にはこれに発汗分をプラスして考えます。

一度に与える水分の量は20~30ml程度とし、1日200~300mlほどを、体重や様子を見ながら調整してください。

赤ちゃんに一度に大量の水を飲ませると、血液が薄められ体調をくずしてしまう「水中毒」という状態になる危険性があるので、与えすぎないように注意してください。

次ページでは、水分補給の方法についてお伝えします。