添い乳のメリット

このような向きにして、ママの体を向かい合わせにする

このような向きにして、ママの体を向かい合わせにする

添い乳とは、ママも赤ちゃんも横に寝た姿勢で授乳をすることを言います。夜間の授乳や腱鞘炎がひどく赤ちゃんを抱っこするのもままならないなど、ママの疲労度が強い場合にするといいでしょう。

そのまま寝てしまうこともできますし、赤ちゃんの背中をトントンしながら寝かしつける事もできるのでママの体は楽になります。 

添い乳の方法

添い乳

ママのお腹と赤ちゃんのお腹を向かい合わせにする

片側のおっぱいを出して、出したおっぱい側の腕を上にあげます。赤ちゃんの頭にタオルなどを敷いてママのおっぱいを赤ちゃんの頭の高さを同じにします。そしてママのお腹と赤ちゃんのお腹を向かい合わせにします。赤ちゃんの背中に仰向けにならないように、バスタオルで包んだロール状のものを置くと楽にできます。

ただ新生児の場合はまだ身体も小さく首も安定しないので、やりにくければ無理にしなくても大丈夫です。2~3ヶ月になると上手に赤ちゃんのほうからママのおっぱいに吸い付くようになります。ゲップは頭の方を高くしてあればしなくても構いませんが、吐きやすい時やむせるような仕草があった時はやはりきちんと起こしてゲップをさせてあげましょう。

ただおっぱいに白斑(しろいニキビのような詰まり)がある場合や中耳炎を繰り返す場合、寝かせると吐きやすい赤ちゃんは控えたほうがよいでしょう。

【関連記事】
おっぱいの含ませ方と飲ませ方
赤ちゃんのげっぷを上手に出すコツ
初乳とは

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。