タイプ別エクササイズ実践編

タイプにあったエクササイズでクビレを作ろう

タイプにあったエクササイズでクビレを作ろう

ウエストをクビレさせるには、あなたのタイプにあったエクササイズを行う事大切。

基本編の記事で診断した、あなたの「ウエストタイプ」別のオススメエクササイズをご紹介します。
(基本編の記事を見逃したかたはこちらからチェック)



準備するものは、準備体操同様、ストッキング(もしくはタイツ・セラバンド)のみ。
これを使うことにより、筋肉に無理なく負荷をかけ、更に正しいフォームで行う事が可能となり、クビレ速度を加速します!


まずは「自分のウエストタイプをチェック」。美ウエストを作る、タイプ別のエクササイズをご紹介します。ストッキング(もしくは、セラバンド・タイツ)を準備してスタート!

1ページ:「ゆがみタイプ」
2ページ:「ズンドウタイプ
3ページ:「ポッコリタイプ


「ゆがみタイプ」の人向けエクササイズ

ゆがみタイプのあなたは、身体の左右バランスを整えてクビレを作りましょう

体側ねじり
骨盤とおへそは真っ直ぐに

骨盤とおへそは真っ直ぐに

(スタートポジション)
左の写真ように、ストッキングの両端を身体の後ろで持ちましょう。この時、肘が曲がらないように注意して、腕を真っ直ぐに伸ばしましょう。

腕と床と平行になっているようにキープします。
身体が柔軟な方は、ストッキングと背中が触れないポジションで持つと効果的です。

身体の中心に重心を保つように意識して立ちます。爪先と膝は同じ方向を向いているように注意します。

 

ストッキングがたるまないように

ストッキングがたるまないように

(実践)
1、ストッキングをたるませないように意識しながら、身体を沈めて右の膝をタッチします。

2、スタートポジションへ戻ります

3、1同様に左の膝をタッチ

4、スタートポジションに戻ります
上記を5回程度行います。

この時に、骨盤はなるべく正面を向けて固定し、左右のウエストをシッカリねじることを意識して行いましょう。
(左右のねじりに違いがある場合は、ねじりにくい方を多めに行いましょう。)

できる人は、足首タッチ。更にできる人は、写真のように爪先タッチを目指します。

呼吸は止めずに、大きく吸って吐きながら動作を行うと、筋肉の柔軟性が増しエクササイズしやすくなります。

次のページは「ズンドウタイプの人向けエクササイズ」の紹介です!