極上!牡蠣(カキ)フライの作り方・レシピ

カテゴリー:メインのおかずカキフライ

 

衣はサクサク、中身はジューシーなカキフライ

以前、男の料理サイトでアンケートをとったところ、好きなカキ料理の第1位はダントツでカキフライでした。今回は、そんな定番中の定番、カキフライのレシピを、「衣はサクサク、中身はジューシー」に仕上げる技とともにご紹介します。カキと相性の良いタルタルソースの作り方もご紹介しますので、併せてご覧下さい。

カキフライの材料(作りやすい量

カキフライの材料
カキ お好みの量
小麦粉 適宜
適宜
パン粉 (できれば自家製のもの)適宜
こしょう 少々

カキフライの作り方・手順

カキフライの作り方

1:

カキはボールに入れ、薄い塩水を加えて、そっとかき回しながら洗います。

2:

カキをザルに上げて水気を切り、ひとつずつ手に取って、ふきんやキッチンペーパーなどで水気を完全にふき取ります。

さらにふきんかキッチンペーパーを敷いたバットにカキを並べてゆきます。

3:

この時点で、揚げ油、揚げ衣用の小麦粉、溶き卵、パン粉をそれぞれボールなどに入れ、準備しておきます。また、揚げたてを食べることを想定して、この段階でお皿やカトラリー、レモンのくし切りなどを準備しておいてもよいでしょう。自家製タルタルソースを添える場合は、この時点で、完成させておくようにします。

牡蠣から水分が出ないよう、この先の作業は手早く、一気に行います。まず、カキにこしょうをふります。

4:

カキに小麦粉をまぶします。

5:

溶き卵をつけ……

6:

パン粉をつけます。カキを軽く握るようにして、形を整えます。

7:

180℃に熱した油でカキを揚げます。カキを揚げ鍋に入れたら40秒ほどそのままにし、下になっている側においしそうな揚げ色がついたらひっくり返し、さらに20秒程度揚げて引き上げます。カキが浮いてきたら引き上げる、という感じです。

おいしそうな揚げ色がついている側を上にして供します。まずはレモン汁を絞って食べてましょう。タルタルソースをつけると洋食店の味になりますよ。

ガイドのワンポイントアドバイス

パン粉は自家製のものだとよりおいしく作れます。作り方は、スライスして2日ほど乾かしたパンの耳を取り、適当にちぎったあと、ミキサーなどに数秒間かけるだけです。かけすぎると粉末のようになってしまうので注意してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。