サバイバーズ・ギルトとは…震災・事故からの生還後の苦しみ・罪悪感

顔を伏せている女性

震災生存者は命が助かったことによる苦しみを抱えることも多いのです

震災では、一瞬の差が生死を分けると言われます。
そんな中で助かった震災生存者の方のなかには、その幸運に感謝しながらも、次のような罪悪感に苦しめられてしまう方もいらっしゃいます。

「私が、あの人の命を犠牲にしてしまったのかもしれない」
「どうして私だけが助かってしまったんだろう?」
「私さえいなければ、あの人を死なせることはなかったのに」
「何の役にも立たない私が援助をしてもらうなんて、申し訳ない」

このように、震災や事故などの被害に遭い、自分の命が助かったことによって罪悪感にさいなまれることを「サバイバーズ・ギルト」と言います。1995年の阪神大震災や2011年の東日本大震災に遭遇した生存者のなかにも、このような罪悪感を抱える方が多く見られ、注目されるようになった問題です。

<目次>  

声かけが逆効果になることも……注意すべき気遣いの言葉

「サバイバーズ・ギルト」のように強い苦しみを抱えた方の話を聞くとき、私たちはつい「気の利いた言葉」を探してしまいます。ところが、逆にその気遣いによって相手の心を傷つけてしまうことがあります。

以下の11の言葉は、兵庫県こころのケアセンターが発行する『サイコロジカル・ファーストエイド 実施の手引き 第2版』内の、家族や親しい友人を亡くした被災者を支えるときに「言ってはいけないこと」から一部を引用させていただきました。このように、相手を思いやる気持ちから生まれた言葉も、当事者を傷つけてしまう恐れがあるのです。

■ 家族や親しい人を亡くした被災者にかけるべきではない言葉
  • きっと、これが最善だったのです。
  • 彼は楽になったんですよ。
  • これが彼女の寿命だったのでしょう。
  • 少なくとも、彼には苦しむ時間もなかったでしょう。
  • がんばってこれを乗り越えないといけませんよ。
  • あなたには、これに対処する力があります。
  • できるだけのことはやったのです。
  • あなたが生きていてよかった。
  • 他には誰も死ななくてよかった。
  • もっとひどいことだって、起こったかもしれませんよ。あなたにはまだ、きょうだいもお母さんもいます。
  • 耐えられないようなことは、起こらないものです。
深い悲しみの中にある方の心に浮かぶ思いは、一人ひとり異なり、その思いは各人にか分からないものです。周囲が元気づけようとして、安易な感想やアドバイスを述べてしまうと、相手はその言葉に逆に深く傷つき、心を閉ざしてしまうこともあります。そのため、震災生存者の方とお話をする際には、細心の心配りが必要になるのです。
 

「かける言葉」を探すより「聴く」ことを大切にする 

sinsai3

話を「聴く」際の3つの条件を理解することが大切

被害者の苦しみに寄り添うときには、「かける言葉」ではなく、まず「聴く」ことを大切にしてみてください。心を込めて、相手の話を聞くことを「傾聴」と言います。

傾聴の「聴」は、「耳へん」に「十四の心」と書きます。そのことから傾聴は、「“十四の心”ほどのたくさんの心遣いで、相手の話に耳を傾けること」などと表現されます。カウンセリングの基礎を築いた臨床心理学者ロジャーズによると、傾聴をする側の基本姿勢は次の3つによって成り立つと言われています。

1. 自己一致 (ありのままに純粋であること)
2. 無条件の肯定的配慮 (相手を無条件に肯定して受容すること)
3. 共感的理解 (その人の気持ちになって理解しようとすること)

被害生存者の苦しみは、本人でなければ分からない深いものです。聴く側が「元気づけてあげなければ」「救ってあげなければ」というように思っていると、人の気持ちに寄り添うことはできません。「あなたの苦しみは、おそらく私には想像もつかないものだと思う。でも、そんな私でもよければ、お気持ちに寄り添っていいですか?」。こんな純粋な気持ちで接し、肯定的、受容的、共感的な姿勢で接してみましょう。すると、相手の方は「この人になら話をしてもいいかもしれない」という気持ちになってくれるかもしれません。
 

無理に聞き出さず、優しくそっとしておくことも大切な支援 

sinsai4

何も言わずそばにいること、あるいは遠くから見守ること。これらも大切な支援

ただし、無理に話を聞き出そうとしてはいけません。話すことでつらい体験を思い出し、二重に苦しくなってしまうことがあります。また、そっとしておいてほしい、今は誰とも話したくない、そんな気持ちでいる方は多いものです。

こうした場合には、優しく受容的に対応しながら、その方のお気持ちを尊重して、そっとしておいてあげましょう。そして、いつでもお話を聴けるポジションにいましょう。すると、いずれその方が話をしたいと思うタイミングが来るかもしれません。

カウンセラーである私は、「技法に頼ってはいけない。一にも二にも傾聴だ」と叩き込まれましたが、その私も「聴く」だけでいいのだろうかと感じ、つい「かける言葉」を探してしまうことがあります。しかし、こうして傾聴の基本姿勢から離れていくと、相手の心が離れてしまうことがあります。

もちろん、相手が具体的支援を求める場合には、情報やアドバイスなどの「かける言葉」が必要です。しかし、「心」を支援する場合には、言葉より先に、相手に真剣に向き合い傾聴するという「姿勢」が大切なのだと思います。ぜひ、震災に遭われた方の心に寄り添いたい、少しでも相手に楽になってほしいと願う方には、この「傾聴」を意識されることをお勧めしたいと思います。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項