通学バックの作り方!初心者でも作りやすいショルダーバッグ

入園・入学準備に!通園用ショルダーバッグ完成画像

少し時間はかかりますが、お子さまのお気に入りのモチーフを手作りアップリケに。毎日の通園が楽しくなりそう!

小さな子供にも使いやすい、肩掛けバッグの作り方を紹介します。成長に合わせて使えるように、肩ひもの長さを調節できます。またフタ部分には手作りのアップリケを。縫う手間は少しかかりますが、その分、型紙はA4サイズの紙を利用して簡単にしました。レッスンバッグなどに比べれば、ちょっぴり作業は複雑になりますが、大人用に応用したり活用範囲も広いので、手作りに少し慣れてきたら、ぜひトライしてみてください!

 


通学バックを作るために準備するもの

入園・入学準備!通園用ショルダーバッグ

はりのあるしっかりした布地なら、接着芯なしでもOK

・布(表地と裏地)
・アップリケ用フエルト
・角カン×2、ベルト送り
・スナップボタン
・ミシン(針と糸)、はさみ など

表地にはキャンバスやオックス、デニムなど、少し張りのある布地が、丈夫で扱いやすいと思います。 今回は共布で肩ひもを作りましたが、市販の持ち手用テープを利用されると、より簡単に出来上がります。その場合は、2.5cm幅ほどの持ち手用テープを、約130~140cm準備してください。

 


型を準備

入園・入学準備!通園用ショルダーバッグ

本体とフタの型

1:出来上がりサイズは、約18×24×6cmです。袋本体とフタの型(縫い線)を準備します。袋本体は、A4サイズの紙の横幅を4cmカット(画像赤線)したものを、上下に2枚つなぎます。フタは5cmカット(画像黒の点線)します。 出来上がった型紙は、袋本体が25.7×42cm、フタは24.7×21cmになります。

 
入園・入学準備!通園用ショルダーバッグ

フタの型は丸みをつける

2:フタは下側の2つの角に、少し丸みをつけます。丸いカップなどを角にあて、丸みを型どるといいでしょう。

 
入園・入学準備!通園用ショルダーバッグ

肩ひもの型

3:肩ひもはA4サイズの紙を半分に折り、カットした物をつなぎます(画像黒線でカット)。 2枚を細長くつなげると、10.5×59.4cmになります。布幅にもよりますが、肩ひもは布をはぎ合わせながら、お好みの長さにします。他に同じ幅で、角カンを通す布2枚と、縫い代を隠す布も準備します。

 
入園・入学準備!ショルダーバッグのアップリケ型

アップリケの型

4:アップリケの型です。 犬の頭と胴の部分はフエルトで、耳は裏地を使用しました。目はボタンで。

 

次はショルダーバッグの作り方手順をご紹介します >>