本返し縫い・半返し縫いなら手縫いでも丈夫な仕上がり

「本返し縫い」と「半返し縫い」を紹介します

「本返し縫い」と「半返し縫い」を紹介します

なみ縫いよりも丈夫な縫い方「本返し縫い」と「半返し縫い」を紹介します。まずは「本返し縫い」から。ひと針ずつ返しながら縫い、表から見るとミシンで縫ったような縫い目です。とても丈夫な縫い方で、ミシン縫いの代わりにも、ほつれた箇所の補修にも使えます。  

本返し縫いのやり方・手順

本返し縫いのやり方
 
1:縫い方は、画像のように1から針を出し、2に戻って針を入れ、3から出します。縫い目はちょうど、ミシンの縫い目のように隙間のない状態になります。
 
本返し縫い2
 
2:手順1の画像のように、実際に縫っているところです。縫い目の大きさがそろうように、同じ間隔で縫っていきます。
 
本返し縫い3
 
3:表から見ると、縫い目は画像のような仕上がりです。
 
本返し縫い4
 
4:裏から見ると、糸が重なったような感じに見えます。
 

半返し縫いのやり方・手順

半針ずつ返しながら縫う「半返し縫い」は、表から見るとなみ縫いのような縫い目。本返し縫いよりも、やわらかい仕上がりなので、薄い布やニット生地など伸縮性のある布を丈夫に縫いたい時におすすめです。
 
半返し縫い1
 
1:ひと針進んで、半針戻します。この繰り返し。本返し縫い手順1の画像で説明すると、1から針を出した後、1と2の中心に針を入れ、3から針を出します。
 
半返し縫い2
 
2:表から見ると、なみ縫いのように見えます。
 
半返し縫い2
 
2:裏から見ると、本返し縫いと同じく、糸が重なったような感じに見えます。







【関連記事】
まつり縫いの仕方!流しまつり縫い&たてまつり縫い
かがり縫いの仕方。フェルトやほつれ防止に使えるコツ
玉結びの簡単な仕方。手縫いの基本を写真つきで解説
ボタンの付け方
裾上げの仕方~手縫いorミシンでできる簡単なやり方

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。