裾幅がまっすぐなズボンなら、裾上げも意外に簡単!

手縫いやミシンを使って自分で簡単にできるズボンの裾上げのやり方を覚えよう

手縫いやミシンを使って自分で簡単にできるズボンの裾上げのやり方を覚えよう

裾幅がまっすぐなズボンの場合の裾上げのやり方を紹介します。このタイプのズボンならば、自分で手縫いやミシンを使って、意外と簡単に自分で裾上げができるのです。

裾の先が狭くなっていたり、太くなっているズボンは、手順が少し違ってくるので、以下の方法ではきれいに仕上がらないので気をつけてください。初めての方は、バーゲンで購入したズボンや子供服などで、練習を兼ねて試してみるのも良いですよ。

 

採寸としつけを丁寧にすれば、自分でする裾上げもきれいな仕上がり

手縫いでの裾上げ方法と、ミシンでの裾上げ方法をそれぞれ紹介していきます。手縫いとミシンの仕上がりが違いますので、使い分けましょう。
 

1.採寸をする

マチ針の箇所が出来上がりの位置。下側に縫い代を3~4cmとって線を引き、その線で丈をカットします

マチ針の箇所が出来上がりの位置。下側に縫い代を3~4cmとって線を引き、その線で丈をカットします

ズボンを試着して、出来上がりの丈の位置にマチ針を打ちます。試着の際は、靴を履いて、さらにベルトもした上で採寸した方が、きちんとした長さが測れます。出来上がりの丈の位置から下に、縫い代3~4cmをとり線を引き(画像赤線)、この線に沿ってはさみでカットします。
 

2.裾を三つ折りにする

すそを三つ折りにして、アイロンをかけます

すそを三つ折りにして、アイロンをかけます

裾を三つ折りにします。まず縫い代の幅の半分の箇所で内側に一度折り、出来上がり線の箇所でさらにもう一度折ります。布端が内側に折り込まれたような感じになっています。折った箇所はそれぞれ、アイロンをしっかりかけておきます。
 

3.しつけ縫いをする

面倒でも、慣れない間はしつけ縫いを

面倒でも、慣れない間はしつけ縫いを

まずマチ針で留め、その後しつけ縫いをします。しつけ縫いが終われば、マチ針ははずしてください。しつけ縫いの時点で、丈の長さが間違いないか、試着しておくといいと思います。
 

4.手縫いで裾上げする場合:流しまつり縫いをする

ズボンの色に合わせた糸を選んでくださいね

ズボンの色に合わせた糸を選んでくださいね

手縫いで裾上げを仕上げる場合は、流しまつり縫いをします。表側の織糸1~2本と、裏側の三つ折りにした部分をすくうように縫います。表側に縫い目が大きく出ないように気をつけてください。
 

5.ミシンで裾上げする場合:直線縫いをする

生地が重なって厚みが増す箇所は、ゆっくり縫ってください

生地が重なって厚みが増す箇所は、ゆっくり縫ってください

ステッチが表に出ますが、カジュアルなズボンなら、ミシンの直線縫いで裾上げを仕上げても。生地が厚すぎる場合、生地が重なっている箇所を、画像のように折り返しひとつ分ほど、カットしておくと厚みが少し減ります。また、生地が重なった箇所は、ミシンをかけるスピードをゆるめるか、または手で針を送るようにします。
 

6.完成!手縫いとミシンの裾上げの違い

ミシンで縫った裾上げは、ステッチが表に出るので、カジュアルなズボン向き

ミシンで縫った裾上げは、ステッチが表に出るので、カジュアルなズボン向き

画像の右側はミシンの直線縫い、左側は手縫いの流しまつりで裾上げを仕上げています。今回は違いを見るために、片側ずつミシンと手縫いにしていますが、実際はどちらかの方法で両側を仕上げてくださいね。
 

買ったばかりのズボンは、自宅で洗える素材の場合、裾上げをする前に、一度、洗っておくとよいでしょう。布は水にぬれると若干縮むので、あらかじめ水に通して縮ませておくと、裾上げをした後に縮むリスクが減ります。
 

裁縫の基本関連記事

まつり縫いの仕方
ボタンの付け方
ファスナーの付け方
バイアステープの付け方
スナップボタンとかぎホックの付け方
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。