手縫いの基本、縫い始めの「玉結び」

手縫いでは布地を縫い始める時に、糸の端を「玉結び」します。これは、縫った糸が抜け出ないようにするため。今回は2種類の「玉結び」の仕方を紹介します。まずは、指先に糸を巻いて作る玉結びから。

【手順】
玉結び1
 
1:糸の端の方を、人さし指の先に1回巻きつけます。

玉結び2
 
2:親指で糸を押さえます。

玉結び3
 
3:人さし指をずらすようにして、輪になった糸を数回より合わせます。より合わさった所を中指で押さえ、そのまま糸を引くと玉結びの出来上がり。

玉結び4
 
4:しっかり糸を引いて、かたく結んでくださいね。

次のページでは、針を使ってつくる玉結びを紹介します。