ちょっとした外出に便利なミニバッグ

ミニバッグ完成画像

仕上げに、シュシュで作ったコサージュを飾りました。バッグインバッグとして使っても

手縫いで簡単に仕上がるミニバッグの作り方を紹介します。手縫いだと、縫い代の始末が気になりますが、今回は「袋縫い」と呼ばれる方法で、縫い代を始末しました。この方法だと、手縫いのバッグがきれいに丈夫に仕上がります。また、A4サイズの紙を型に利用するので、型紙を準備する必要もありません。小さいですが、おさいふや携帯など、お出かけに必要な物は収まるので、とっても便利!

 

準備するもの

ミニバッグ材料

布のサイズは、A4ほぼ2枚分プラス縫い代

・布
・綿やアクリルテープ(持ち手用)
・針と糸、はさみ など

持ち手には、幅約2.5cmの綿テープやアクリルテープ、また少し固くて縫い難いかもしれませんが、カラーベルトなどを約80cm準備します。もちろん、自分の好きな布で持ち手を作ってもかまいません。布は45cm×65cmほど必要になります。


 

袋縫いとは?

袋縫い

縫い代は、こんな感じで袋状に入ります

縫い代はそのままだとほつれやすく、見た目もきれいではありません。ジグザクミシンやロックミシンなどで始末することもありますが、今回は手縫いでも出来る「袋縫い」という方法を紹介します。縫い方は、まず布を外表にし縫い線よりも外側を縫って、次に布をひっくり返して縫い線を縫います。最初に縫った縫い代が、後から縫った線との間に袋状に入ります。きれいに仕上がるだけでなく、2度縫いするので、丈夫に縫えます。布を準備する際は、縫い代を通常よりも多めにとります。