簡単手縫いミニバッグ!ちょっとした外出に便利!

簡単手縫いミニバック!エコバックにも使える!

仕上げに、シュシュで作ったコサージュを飾りました。バッグインバッグとして使っても

手縫いで簡単に仕上がるミニバッグの作り方を紹介します。手縫いだと、縫い代の始末が気になりますが、今回は「袋縫い」と呼ばれる方法で、縫い代を始末しました。この方法だと、手縫いのバッグがきれいに丈夫に仕上がります。また、A4サイズの紙を型に利用するので、型紙を準備する必要もありません。小さいですが、おさいふや携帯など、お出かけに必要な物は収まるので、とっても便利!
 

 

準備するもの

ミニバッグ材料

布のサイズは、A4ほぼ2枚分プラス縫い代

・布
・綿やアクリルテープ(持ち手用)
・針と糸、はさみ など

持ち手には、幅約2.5cmの綿テープやアクリルテープ、また少し固くて縫い難いかもしれませんが、カラーベルトなどを約80cm準備します。もちろん、自分の好きな布で持ち手を作ってもかまいません。布は45cm×65cmほど必要になります。

 

袋縫いとは?

袋縫い

縫い代は、こんな感じで袋状に入ります

縫い代はそのままだとほつれやすく、見た目もきれいではありません。ジグザクミシンやロックミシンなどで始末することもありますが、今回は手縫いでも出来る「袋縫い」という方法を紹介します。縫い方は、まず布を外表にし縫い線よりも外側を縫って、次に布をひっくり返して縫い線を縫います。最初に縫った縫い代が、後から縫った線との間に袋状に入ります。きれいに仕上がるだけでなく、2度縫いするので、丈夫に縫えます。布を準備する際は、縫い代を通常よりも多めにとります。

 

実際に作ってみましょう!

今回は、型にA4サイズの既存の紙を用いました。仕上がりは、A4より小さくなるので、A4サイズの物が入るバッグを作りたい場合は、サイズを調節してください。

 
手順1

A4のコピー用紙を型紙に利用します

1:まず布を中表に半分に折り、その折った辺に画像の「わ」と表示がある辺を重ねてマチ針などで固定します。A4の型に沿って、チャコペンなどで線を書きます。この線が、縫い線になります。縫い線の周囲に、入れ口は3cm、わと表示がある方と反対の脇、ならびに底は1.5cmの縫い代を取り、縫い代で布をカットします。
 
手順2

カットした布は、広げるとこんな感じ

2:カットした布を広げると、こんな感じです。上側が入れ口になるので、縫い代が3cmあります。脇と底の縫い代は1.5cm。画像では少し見えにくいですが、チャコペンシルで、それぞれ周囲に縫い線を引いています。
 
手順3

外表に半分に折り、周囲を縫います

3:縫い代をきれいに始末するために、今回は「袋縫い」と呼ばれる方法で縫っていきます。まず布の表側が外側にくるように、半分に折ります。布を折っていない方の脇と底を、縫い線よりも1cmほど外側(布端から5mm程の箇所)で縫います。布を半分に折ってあるので、片方の脇は布がつながっています。縫うのは、底ともう一方の脇だけです。

 
手順4

裏返して、縫い線に沿って周囲を縫います

4:次に布をひっくり返して、布の表側が内側にくるようにします。縫い線にそって、片方の脇と底をなみ縫いします。縫い終われば、一度、きちんと縫えているか、布をひっくり返してみてください。表側から見ると、縫い代は、上の「袋縫いとは?」の画像のように袋状になっています。

 
手順6

入れ口を三つ折りにして、アイロンをかけます

5:布の表が内側を向いた状態で、入れ口を三つ折りにします。折り方は、まず縫い線で裏側に折り、その半分を内側に織ります。アイロンをかけて、折り目をしっかりつけておきます。

 
手順7

三つ折りにした入れ口に、持ち手をはさみます

6:持ち手を準備します。今回は2.5cm幅のアクリルテープを、40cm×2本使用しました。つける位置は、まずバッグの幅の中央(画像マチ針の箇所)に印をつけ、そこから持ち手の端が各4cm離れるように置きました。つける位置は、好みで調節してください。つける位置が決まったら、画像のように、持ち手の先端を、三つ折りにした入れ口に挟み、マチ針で仮止めします。

 
手順8

入れ口の周囲をなみ縫いします

7:入れ口の三つ折りした箇所の下側の辺から5mm程の箇所(見にくいですが、画像赤線)を、なみ縫いで縫っていきます。挟んだ持ち手も、そのまま一緒に、入れ口を1周するように縫います。

 
手順9

持ち手をおこし、上側を返し縫いします

8:画像のように、持ち手を上側に折り返します。入れ口の上側から5mm程の箇所で、バッグ本体と持ち手を、返し縫いで縫い合わせます。さらに、丈夫にきれいに仕上げたい場合は、入れ口の上側から5mm程の箇所を、入れ口に沿って、なみ縫いで1周縫います。
 

 
手順10

出来上がり。お好みで、コサージュを飾ったり、ポケットを作っても

9:ひっくり返して、出来上がり。今回は本体と同じ布で作ったシュシュをコサージュ風にまとめた物を縫い付けました。シュシュのコサージュは、少し小さめに作ったシュシュ(今回は、縫い代込みで35cm×8cmの布を使用)を、ねじって、数箇所縫って形を整えます。これをバッグに縫い付けました。シュシュの作り方は、「ヘアアレンジに大活躍! シュシュを作ろう」を参照してください。

 

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。