いらない服で簡単リメイク!アクセサリーを作る

いらない服で簡単リメイク!アクセサリーを作る

 

いらない服で簡単リメイク……アクセサリーを作る

基本のヨーヨーキルトに、ボタンやビーズをデコレーション。あとは、ヘアピンやヘアゴムに縫い付けるだけ

ヨーヨーキルトに、ボタンやビーズをデコレーション。あとは、ヘアピンやヘアゴムに縫い付けるだけ

洋服をリメイクして作る、簡単なヘアアクセサリーの作り方を紹介します。基本は「ヨーヨーキルト」と呼ばれる、丸い布をなみ縫いして縮めたもの。とっても簡単なので、裁縫ビギナーさんでも、10分もあれば完成すると思います。使用する布も少量なので、洋服以外にも、ハンカチやスカーフなど、小さな端切れ布でOK。ヘアアクセサリー以外にも、ブローチにしたり、Tシャツに縫い付けたり、応用も色々楽しめます!

 

リメイクする前に準備するもの

不要になった洋服は、布を

古くなった洋服の使える部分を切り取って、再利用。ボタンなども置いておくと、意外に活躍しますよ

・布
・針と糸
・ヘアゴムやヘアピン
・ボタンやビーズ(飾り用)

古くなった洋服は、使える部分を切り取っておきます。洋服をそのまま置いておくと場所も取りますが、小さな端切れ布のようにしておけば、保管場所も少なく、使用する時も便利です。洋服のボタンも、瓶などに入れて保管しておくと、色々活用できます。
 

基本のヨーヨーキルトの作り方

型には、CDやお皿、コップなどを利用。作りたいヨーヨーの直系の2倍を目安に

型には、CDやお皿、コップなどを利用。作りたいヨーヨーの直系の2倍を目安に

1:布の裏側に、丸型を下書きします。作りたいヨーヨーの直径の2倍が、型の目安。下書きした線の、約5mm外側で布をカットします。
 
周囲を並み縫いします

周囲をなみ縫いします

2:下書きした線にそって、周囲をなみ縫いします。縫い目は5~7mmほど。
 
糸を絞ります

1周したら、糸を絞ります

3:なみ縫いで1周したら、最後は玉止めしないで糸と針をそのまま残し、糸を絞っていきます。画像のように、中心の穴が小さくなったら、玉止めします。
 
中心にボタンやビーズを

中心にボタンやビーズを縫い付けます

4:中心にボタンを縫い付けます。左画像は、ボタンを二つ重ねています。ビーズは、ボタンの片方の穴から針を出したら、もう片方の穴に針を刺す前に通します。中心の飾りは、お好みで。ヘアピンやヘアゴムに縫い付けて出来上がり。
 
裏側にヘアピンを縫い付けます

ヨーヨーキルトの裏側に、ヘアピンやヘアゴムを縫い付けて出来上がり

5:裏側からみるとこんな感じ。ヘアピンやヘアゴムに数箇所、縫い付けています。
 
ワンピースの裾

ワンピースの布を利用して、おそろいの小物を

6:こちらは、裾上げしたワンピースの、カットした裾部分の布を利用。ヘアアクセサリー以外にも、ブローチなどにしても。
 
中心にボタンを縫い付けたので、縫い代がそのままです。ボタンを付けない場合など、布の端を処理したい場合はこちらの作り方を。
 
縫い線で折りながら

縫い線で裏側に折りながら。それ以外は、その1と同じ手順

7:下書きした線で裏側に折りながら、折り山から少し(2ミリほど)離れたところをなみ縫いしていきます。そのまま1周縫います。後の手順は作り方その1と同じです。
 
縫い代が隠れるので、ボタンなどつけなくても

縫い代が隠れるので、中心にボタンをつけなくても

8:中心を絞ると、画像のような感じに仕上がります。布の端が内側に隠れているので、ボタンなどを付けなくても、そのまま使用できます。
 
つなげてチョーカー風にしたり、そのまま洋服に縫い付けても

つなげてチョーカー風にしたり、そのまま洋服に縫い付けても

9:こちらはヨーヨーキルトをつないで、チョーカー風にしたものです。アイデア次第で、いろんな用途が楽しめます。
 

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。