縫い終わりは「玉どめ」で、糸が抜け出ないように

縫い終わりに作る「玉どめ」を紹介します。布地を縫い終わった後に、糸が抜け出ないように作る結び玉を「玉どめ」と呼びます。最初は上手くできなくても、何度も練習するうちに、きれいに作れるようになりますよ!

【手順】
玉どめ1
 
1:縫い終わりの糸が出ている所に、針をあてます。

玉どめ2
 
2:針をしっかりと押さえ、針先に糸を2~3回ほど巻きます。

玉どめ3
 
3:手順2で糸を巻いた所を親指で押さえ、針を引き抜き、そのまま針を引っぱります。針を引き抜く方向は、画像の向かって上側です。

玉どめ4
 
4:糸をしっかり引くと、結び玉ができているので、余分な糸端を少し残して糸を切ります。

玉どめ5
 
5:玉どめの完成。

「玉どめ」は表側から見えないように、布地の裏側など目立たないところに作った方が仕上がりがきれいです。

【関連記事】
縫い始めは玉結び!簡単なやり方


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。