携帯用ジュエリーポーチの作り方

携帯用ジュエリーポーチの作り方

バイアステープがアクセント。大小2点セットだから、いろんなシーンに大活躍

大切なジュエリーを傷つけないように、柔らかなキルティング生地を使用したポーチです。旅行に便利な大きいサイズと、普段のカバンにもスッキリ入る小さいサイズの2点セット。大きい方は、ポケットで内側を仕切っているので、数点のジュエリーが入ります。小さい方は、指輪やネックレスを1~2点だけ持ち歩くのにちょうど良い大きさです。
 

準備するもの

お気に入りのキルティング生地がなければ、自分で準備しても

お気に入りのキルティング生地がなければ、自分で準備しても

・布
・針と糸
・本体用キルティング生地
・ポケット用生地
・バイアステープ
・スナップボタン
・はさみ、定規、チャコペン など

バイアステープは、キルティングに厚みがあるので、幅広タイプがおすすめです。今回は、両折れタイプで幅2cm(仕上がり時は1cm幅)を使用しました。慣れない方は、縁取りバイアスで、仕上がり時の幅が1cm以上あるものが良いと思います。 他に、飾り用にタッセルなどお好みで。
 

ジュエリーポーチ(大)の型

今回は、縫い代なしで布を裁ちます

今回は、縫い代なしで布を裁ちます

今回は、布端をバイアステープで処理するので、縫い代を取りません。布の裏側に型を写し、型の線で布を裁ちます。
・袋本体: 24×42.5~37.5cm 1枚
・ポケット: 24cm×15cm 1枚
袋本体は、フタ部分がカーブになっています。袋本体の型の詳細は、画像を参考にしてください。
 

ジュエリーポーチ(大) 作り方の手順

内側の仕切りポケットを準備

内側の仕切りポケットを準備

1:ポケット布上側(画像赤い点線)の布端を、バイアステープで縁取りします。ちょうどポケットの入れ口になる部分です。ポケット用の布は、少し厚めの綿生地を使用しました。今回バイアステープはすべて布端をバイアステープで包むように挟み、ミシンで縫いました。詳しくは、「縁取りタイプのテープを1回のミシン縫いで」 の記事を参考にしてください。
ポッケを縫い付ける

ポッケを縫い付ける

2:手順1で準備したポケット用の布を、袋本体のイの部分に縫い付けます。画像の黒い線が縫い線ですが、まずポケットの脇と底を縫い、真ん中辺りにも仕切り用に縫っておきます。
バイアステープで布端を処理する

バイアステープで布端を処理する

3:袋本体のフタの端と、型の線Aの箇所を、バイアステープで縁取りします(画像の矢印箇所)。
脇を縫う

脇を縫う

4:型Bの線で折り、脇を縫います。ちょうど画像のような袋状態になっています。
脇の布端をバイアステープで処理

脇の布端をバイアステープで処理

5:手順4で縫った脇と、その延長にあるフタの脇まで、バイアステープで布端を挟んで縫います。縫い始めと終わりのバイアステープの端は、1cmほど内側に折ってから縫うようにしてください。
スナップボタンを付ける

スナップボタンを付ける

6:フタが閉まるように、スナップボタンをつけます。スナップボタンの付け方は、こちらの記事「スナップボタンとかぎホックのつけ方」を参考にしてください。
タッセルなど、お好みの物を飾りに

タッセルなど、お好みの物を飾りに

7:今回は、フタの部分にタッセルを縫い付けました。市販のタッセルをフタの表側に縫い付け、その上を小さくカットしたバイアステープで覆い、縫っています。タッセル以外にも、クルミボタンやリボンなど、お好みでアレンジしてください。
 

ジュエリーポーチ(小)の型

小さいサイズの型

小さいサイズの型

大きいサイズと同じく、縫い代をつけずに、型の線で布を裁ちます。サイズは
袋本体:9×22.5~21cm 1枚
詳しくは、画像を参考にしてください。
 

ジュエリーポーチ(小) 作り方

大きいサイズと、作り方の要領はほぼ同じ

大きいサイズと、作り方の要領はほぼ同じ

作り方は、大きいサイズとほぼ同じ。大きいサイズの、作り方の手順1と2にある内側のポケットは省きます。仕上げに、フタ部分に、タッセルではなく、バイアステープで作ったリボンを縫い付けました。

【関連記事】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。