ストールの作り方!フリンジ付きをハンドメイドする方法

フリンジ付きストール

首巻きにもひざ掛けにも便利なストールを好きな布で作れたらいいですね。三つ折り縫いとフリンジの作り方がわかれば簡単です。今回はフリンジの作り方をメインにご紹介します。
   

ストールの材料と道具を揃えてハンドメイド!

材料と道具

材料と道具

  • 布 200×46cm
  • はさみ
  • 目打ち
  • ミシン
布の長さと幅はお好みですが、首に2重に巻くためには150cm以上の長さの布を用意してください。今回は長めのフリンジをつけるため、2mの布を用意しました。

 

フリンジ付きストールの作り方

フリンジの長さを決める

フリンジの長さを決める

1.印をつける
布を広げ、フリンジをどのくらい作るか決めて印を付けておきます。
 
目打ちを使って糸を抜く

目打ちを使って糸を抜く

2.横糸を抜く
決めた位置まで横糸を1.2本ずつ抜いていきます。目打ちを使うと簡単です。
 
布の耳は切り取っておく

布の耳は切り取っておく

このとき、布の耳がある場合は糸が抜きにくいので、フリンジを作りたい位置まで切り取ってください。
 
真ん中あたりから引き出す

真ん中あたりから引き出す

途中まできたら、布の真ん中あたりに目打ちを入れて引き出すようにすると楽にできます。
 
抜き終わり

抜き終わり

最初に決めた位置まで横糸が抜けました。今回は約15cmです。
 
小分けして結ぶ

小分けして結ぶ

3.小分けして結ぶ
約1cmの幅に小分けし、根元に結び目を作ります。
 
結び終わり

結び終わり

すべて結ぶとこのようになります。結び方は幾つかありますが、玉結びが一番簡単です。

ここでフリンジの完成としても良いのですが、長い房の場合糸が絡まりやすくなります。お好みでさらに手を加えてください。
 
ねじる

ねじる

4.お好みでねじりフリンジにする
それぞれの房を二つに分け、手でよりあわせます。
 
最後を結ぶ

最後を結ぶ

下までよりあわせたら、最後を玉結びしておきます。すべての房を同じようにします。
 
両サイドを三つ折り縫いする

両サイドを三つ折り縫いする

5.両端を縫う
ミシンで両端を三つ折り縫いします。これでストールの完成です。
 

フリンジ作りのコツ

きれいなフリンジを作るコツは、ひたすら根気よく、丁寧にすることです。力任せに引っ張ってしまうと、糸が絡んだり、途中で切れたりして仕上がりがきれいにできません。音楽を聴きながら、テレビをつけながらなど、少しずつのんびりやるといいですよ。

また、今回のように長いフリンジでない場合は結ぶ必要はありません。そのかわりほつれてこないように、横糸の抜き終わり位置の少し上に細かい目のミシンをかけてください。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。