身近な材料がステキなアクセに大変身!

このキラキラとした宝石のようなペンダントトップ、実はおもちゃやインテリアとしておなじみの「ビー玉」なんです。今回はこの「ビー玉」に一工夫して、個性的なアクセサリーを作る方法をご紹介します。
※記事中に分からない用語が出てきたときはビーズ基本用語集
ビー玉ペンダント
上の写真の淡いブルーのビー玉は、縁日で売っていたラムネのビンから取り出したもの!

キッチンから生まれる!?オリジナルビーズレシピ

難易度:★☆☆☆☆
材料費:約50円 ※ガイド制作時
出来上がり寸法:縦30mm×横17mm

【材料】 ※( )内はレシピ中の表記
  • 好みの色のビー玉 直径約17mm……1個
    ※17mmは標準的な大きさ。お好みで違うサイズでもかまいません。

  • 淡水パール 約5mm 白……1個

  • Tピン 太さ0.6~0.7mm×長さ20mm 古美金……1本

  • 菊座 直径約10mm 古美金(菊座大)……1個

  • 菊座 直径約5~6mm 古美金(菊座小)……2個

  • メタルビーズ 直径約5mm 古美金……1個
  • 丸カン 太さ0.7mm×直径5mm 古美金……1個
    ※またはバチカンなどでもよい

  • チェーン 好みのデザイン・長さのもの……1組

【道具】
  • 空焚きできる鍋またはオーブン……1個
    ※厚手のフライパンや、中華鍋などが理想的。フッ素樹脂加工などがしてあるものは避けます。
  • ボウル……1個
  • 氷水……適宜
  • 透明マニキュア……適宜
  • ガラス用接着剤……適宜
    ※透明タイプ

ビーズレシピ1
【手順1】
好きな色のビー玉を用意します。このとき、中に気泡が入っているものは、後で割れやすくなるので注意して選んでください。

ビーズレシピ2
【手順2】
鍋にビー玉を入れて、強火にかけます。そのまま約5~10分間、鍋をゆすったり、箸で転がしながら、まんべんなくビー玉を熱します。途中であまり煙が出てくるようならば、少し火を弱めてもかまいません。オーブンの場合は、鉄板にビー玉を並べ、200度以上で10~20分ほど熱します。

ビーズレシピ3
【手順3】
ボウルに氷水を用意します。温度差によってきれいなヒビが入るので、氷はなるべくたっぷりと入れてください。

ビーズレシピ4
【手順4】
充分に熱したビー玉を、すぐに氷水の中に入れます。あまり高い位置から入れると衝撃で割れてしまうので、そっと入れてください。大きなスプーンやトングなどを使うと簡単です。

ビーズレシピ5
ビーズレシピ5
きれいなヒビ(クラックル)ができましたか?
【手順5】
ビー玉をキッチンペーパーなどに取り出して、水気を切り、常温に戻るまでそのまま置きます。一度でうまくいかないときは、もう一度熱してやり直してみましょう。ただし、そのぶん割れやすくなるので慎重に!

これでヒビ入りのビー玉ができました。
次はこれをペンダントトップに加工しましょう!