30個で作る基本のビーズボール中級編!

30個で作るビーズボールの作り方です。12個で作るビーズボールよりも球体に近く、キュートなパーツとして使えるほか、動物などのモチーフを作るときにも活躍します。初心者の方は複雑に感じるかもしれませんが、一度覚えれば作品の幅が一気に広がります。レシピをよく見て、ぜひマスターしてくださいね!
30個で作るビーズボールの作り方

球体に近いビーズボールができます

※記事中に分からない用語が出てきたときはビーズ基本用語集
 

30個のビーズで作るビーズボールの材料&レシピ

難易度:★★☆☆☆
材料費:素材による
出来上がり寸法直径約 約16mm ※4mmのビーズで作った場合


【材料】 ※( )内はレシピ中の表記
  • パール 4mm……30個
  • テグス 2号 透明……50cm
 

30個のビーズで作るビーズボールの作り方手順

【手順1】 テグスの中央(図黄色★)にパール5個通し、最初に通したパール1個で交差します。 このとき、左右のテグスの長さが均等になるように注意します。
※レシピ図はわかりやすいようにビーズの間隔をあけて描いています。実際はテグスを引き締め、隙間ができないように編んでください。
30個のビーズで作る!ビーズボールの作り方

テグスはしっかり引き締めて隙間ができないように


【手順2】 赤のテグスにパール4個通し、青のテグスと交差。続いて、赤のテグスを【手順1】ですでに通したパールにくぐらせ、青のテグスにパール3個通し、赤のテグスと交差。 以下、左図のように編み進めます。
テグスを引き締めながら編むと、この段階で半球状になっています。
30個のビーズで作る!ビーズボールの作り方

ビーズの一人テグスを通す位置をよく確認しながら編んでください


【手順3】 赤のテグスを【手順2】すでに通したパール1個にくぐらせ、青のテグスにパール2個通して、赤のテグスと交差。
つづいて、青のテグスで【手順2】ですでに通したパール2個をくぐり、赤のテグスにパール2個通して、青のテグスと交差。
以下、左図のように編み、30個目のパールからテグスを出す。

これで球体になります。形をよりしっかりさせたいときは、テグスを完全に引き締める前に、中に10mmの丸玉ビーズを「芯」として入れましょう。
30個のビーズで作る!ビーズボールの作り方

中に芯のビーズを入れると形が安定します



【手順4】 テグスを完全に引き締めてボール状にし、【手順3】ですでに通した5つのパールに左図のようにテグスを通して、紫の●の位置でテグスを固結びします。
余ったテグスは近くのビーズに適当に通して切りましょう。 ほどけるのが心配なときは、結び目に接着剤を付けてもよいですが、余ったテグスをなるべく長く通し戻すほうが仕上がりはきれいです。

こちら「ビーズボールで作る素敵なアクセサリー」もぜひご参照ください!。


【関連記事】
基本テクニックのおさらい ビーズボールの作り方一覧 ほかにもおすすめモチーフのレシピ オンラインで材料を買う

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。