シードビーズで包むビーズボールの作り方!

シードビーズで包むビーズボールの作り方とは

まるで木の実のよう!シンプルゆえの可愛らしさ

芯になるビーズに、小さなシードビーズを巻きつけるようにして作るビーズボールのレシピです。編むタイプとはまた違う風合いを持ち、またテクニックいらずなので、初心者の方でも簡単に作れます。
※記事中に分からない用語が出てきたときはビーズ基本用語集
このビーズボールで、こんなステキなネックレスも作れちゃいます!

このビーズボールで、こんなステキなネックレスも作れちゃいます!

作り方は単純でも、使い方しだいで印象的なアクセサリーに変身します。配色や巻き数を工夫して、いろいろなアレンジを楽しみましょう!
 

シードビーズで包むビーズボールの作り方 材料&レシピ

難易度:★★☆☆☆
材料費:素材による
出来上がり寸法約13mm ※丸玉10mmで作った場合


【材料】 ※( )内はレシピ中の表記
  • 丸玉ビーズ 10mm クリア……1個
  • チェコシードビーズ 丸小……135個
  • テグス 2号 透明……80cm
手順1

手順1

【手順1】 テグスの端から15cmくらいの位置に、丸玉ビーズを通す。 長いほうのテグス(赤のテグス)に丸小11個通し、丸玉ビーズに巻きつけるように、丸玉ビーズの穴をもう一度くぐる。 残した15cmのテグス(青のテグス)は、【手順5】まで休ませておく。
手順2

手順2

【手順2】 つづいて丸小9個通し、【手順1】と同じように丸玉ビーズを一周する。 丸小11個の列の隣に9個の列がぴったりと並ぶよう、位置を調節する。
手順3

手順3

【手順3】 丸小7個通し、【手順1~2】と同様に一周する。
手順4

手順4

【手順4】 同じように、丸小9個・11個で繰り返す。 丸小の列は常にぴったりと並ぶように注意しながら編み進むこと。
手順5

手順5

【手順5】 さらにつづけて、9個・7個・9個・11個・9個・7個・9個・11個・9個・7個で丸小の列を巻きつける。 ※最後は、9個の列がひとつ欠けるので注意! 休ませておいた青のテグスを丸小11個の列に通し、赤のテグスと、紫●の位置で2~3回結ぶ。
手順6

手順6

【手順6】 赤と青のテグスをそれぞれ、適当な位置の丸小の列にくぐらせ、切る。
今回は国産に比べてやや小さい、チェコ産のシードビーズでの作り方をご紹介しています。 使用するビーズによって、一列に通す数は多少変わるので、適宜調節してください。 また、丸玉ビーズはなるべく穴の大きなものを使うのがポイント。アクリルやパールなど、いろいろなもので試してくださいね。 こちらもぜひご参照ください!。 ビーズボールで作る素敵なアクセサリー


【関連記事】

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。