簡単! 基本のビーズボール初級編

ビーズの基本テクニックの一つ、「8の字編み」をベースにした、12個のビーズで作れるビーズボールの簡単な作り方です。

シンプルな形ですが、工夫次第でオリジナリティのあるパーツになりますよ。

立体モチーフの入門編でもあるので、初心者さんも気軽に挑戦してみてください!
※記事中に分からない用語が出てきたときはビーズ基本用語集
12個で作るビーズボール

少ないビーズで手軽に作れるのに、かわいさはばつぐん!

12個のビーズで作るビーズボール 材料&レシピ

難易度:★☆☆☆☆
材料費:素材による
出来上がり寸法直径約10mm ※4mmのビーズで作った場合

【材料】 ※( )内はレシピ中の表記
  • パール 4mm……12個
  • テグス 2号 透明……40cm
クリックで拡大されます。わかりにくいところは、クリックを!

【手順1】 テグスの中央(左図黄色★)にパール4個通し、最初に通したパールで交差する。
※わかりやすいようにビーズを色分けして表記しています。 
※数字はビーズを通す順番です。
12個で作るビーズボール

テグスは緩みなくしっかり引き締めて


【手順2】
左右のテグスにパール1個ずつ通し、新たなパール1個で交差する。 同様にもう一度繰り返す。
12個で作るビーズボール

色分けでビーズの位置を確認!


【手順3】
青のテグスに新たなパール1個通し、【手順1】で通したパールにくぐらせ、さらに新たなパール1個通し、赤のテグスと交差する。
12個で作るビーズボール

ここを引き締めると立体的になります


【手順4】
そのままテグスを引き締めると、図のように立方体のような形になる。
12個で作るビーズボール

立方体になっていることを確認!


【手順5】
できたモチーフを手前に90度回転させ、左図のように、すでに編んでであるビーズにテグスを通す。
※すでに編んだビーズにもう一度テグスを通すことで、強度が増し、仕上がりが美しくなります。
12個で作るビーズボール

テグスの通る位置をよく確認


【手順6】
さらにモチーフを手前に90度回転させ、左図のようにテグスを通す。
12個で作るビーズボール

90度回転させてからテグスを通す


【手順7】
もう一度モチーフを手前に90度回転させ、左図のようにテグスを回し、紫●の位置で2~3回結ぶ。余ったテグスは近くのビーズに適当に通して、切る。
12個で作るビーズボール

ここも90度回転させてからテグスを通す


【完成!】 きれいな立方体にするために、テグスをしっかりと引き締めながら編むのがコツです。 使うビーズの大きさによって、テグスの長さは加減してくださいね。
12個で作るビーズボール

コロンとした小さめビーズボールができました!


こちらもぜひご参照ください!
 ビーズボールで作る素敵なアクセサリー


【関連リンク】
基本テクニックのおさらい
ビーズボールの作り方一覧
ほかにもおすすめモチーフのレシピ


編集部おすすめの購入サイト

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。