ビーズアクセサリーのおすすめのお手入れ方法

ビーズアクセサリーのおすすめのお手入れ方法

ビーズアクセサリーの汚れが目立つ前にお手入れしてあげましょう。
簡単な方法で、作りたての輝きが蘇りますよ!
※記事中に分からない用語が出てきたときはビーズ基本用語集

<目次>  

ビーズアクセサリーのお手入れをする際に用意するもの

  • 台所用中性洗剤 またはフォームタイプのメイク落とし
  • メイク用パフ
  • ぬるま湯

ビーズアクセサリーを洗うときは基本的には水洗いで!

ビーズのお手入れ
ビーズアクセサリーにつく汚れは、主に汗や皮脂、メイク、食べ物の汁などです。 そのため、これらの汚れを落とす台所用中性洗剤か、メイク落としフォームを使います。

 

ビーズのお手入れ
洗剤またはフォームを泡立て、アクセサリーを泡で包むように、優しく洗います。 台所用洗剤は、あらかじめスポンジで泡立てると、きめ細かい泡ができますよ。 このとき、絶対に強くこすったり、引っ張ったりしないように注意してくださいね。

 

ビーズのお手入れ
しっかり洗いたいときは よりしっかりと洗いたいときは、メイク用パフを利用してみましょう。アクセサリーを傷つけることなく、入り組んだ部分も隅々まで洗うことができます。

 

ビーズのお手入れ
仕上げは自然乾燥で 洗剤が残らないようによくすすいで、柔らかいタオルなどで押さえるようにして水気をとり、自然乾燥させます。 天日にさらしたり、ドライヤーをあてたりしないこと。
 

ビーズアクセサリーを水洗いできないときは

ビーズのお手入れ
水分を吸収しやすい天然石や淡水パール、布やリボンなどを使用したもの、粘土や紙でできたビーズ(陶器玉やコットンパールなど)は、水洗いには不向きです。

 

ビーズのお手入れ
これらを材料に使ったアクセサリーは、柔らかい布などでこまめに拭いてあげましょう。 おすすめはめがね用のクロス。円を描くように拭くと、汚れがよく落ちますよ。
とくに汚れがつきやすいのが、チョーカー、ブレスレット、ネックレスの首の後ろ部分、リングの内側など。またヘアアクセサリーも、スタイリング剤などがついていることがあります。 こうした汚れをそのままにしておくと、ビーズが曇ったり、塗料がはがれる原因に。また、テグスや糸には汚れが染み付いてしまうので、早めにケアすることが大切です。 目に見えないからといって放っておかず、着けたら拭く、たまに水洗いする、という習慣をつけてみましょう!

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。