夏の思い出に、拾った石ころに魚などをアートにペイント

石ころアートの作品

大きさも色もいろいろな石ころ。何を描こうかアレコレ考えるのも、楽しいひと時

公園や川原で拾った石ころを使った、手作りのエコ遊びをご紹介します。石ころで作る飾りやおもちゃは、家族のとっておきの夏の思い出。遠出しなくても楽しめる、夏ならではの遊びです。パパ、ママも子供にかえって、家族みんなでトライしてくださいね!
   

この石ころ、何に見えるかな?自由な発想でトライ

石ころアート材料
ペイントはアクリル絵の具が最適ですが、水彩絵の具やカラーペンでも
難易度:★☆☆☆☆ 作品により違ってきます
【準備するもの】
■小石
■絵の具やカラーペン
■接着剤 など

ペイントにおすすめなのは、アクリル絵の具。というのも、アクリル絵の具は付着力が強く、乾くと耐水性にも優れているからです。さらにニスで仕上げれば、作品に光沢を与えるだけでなく、作品の表面を保護し耐水性も増します。気軽に楽しむなら、水彩絵の具やポスカなどのカラーペン、クレヨンなどでも。
 

まずは小石を洗って、ストーンペイントの下準備

石ころアート準備
きれいに洗って、しっかり乾かせば、準備完了!

汚れが着いていると、きれいに色が塗れないので、拾った小石は水できれいに洗います。汚れがひどければ、ブラシなどを使って、丁寧に洗ってくださいね。洗い終われば、しっかりと乾かします。
 

夏らしい、お魚のペイント。オブジェや額縁風に飾っても

色を塗る前に、必要なら、小石に鉛筆で薄く下書きします。
石ころアート魚1手順2
 
■お魚
石ころひとつでお魚にしても(画像右)、石ころを組み合わせてお魚にしても(画像左)。
 
石ころアート魚1手順3
 
■人物
夏らしく、漁師さん風の人物を作ってみました。
 
石ころアート魚1
 
■額縁風に飾って楽しみましょう
空き箱に色を塗ったものに、石ころアートを貼って額縁風にしました。貼り付けには、強力接着剤(石にも使用できるものなど)を使用。接着した後は、しっかり乾くまで、触らないようにしてください。



 

好きな絵を描いて、ペーパーウエイトにしても

石ころアート魚2
 
■お魚 その2
こちらはシンプルに、少し大きめの石に魚モチーフのペイントをしました。
 
石ころアート灯台
 
■夏の風景
夏の思い出の風景。こちらはニスを塗って仕上げました。
 

動物などを石に描いて工夫しながら作品を作ってくださいね

石ころアート昆虫
 
■昆虫
丸い小石で、てんとう虫を作りました。
 
石ころアートペンギン
 
■ペンギン
こちらはペンギン。他にもいろんな動物を作ってみても楽しいですね。
 
石ころアートヨット
 
■ヨット
海に浮かぶヨットをイメージ。
 
石ころアート家
 
■家
お家はもちろん、いろんなお店を作って、「ごっこ遊び」用にしても。
 
石ころアート数字
 
■数字やアルファベット
数字や文字を描いて、知育玩具風に。
 
石ころアートハート
 
■メッセージ
メッセージを書いて、カード風に。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。