三つ折りとは?ハンドメイドの基礎「三つ折り縫い」の縫い方手順

三つ折りとは?縫い方手順3つのコツや手縫いの注意点

三つ折り縫いをきれいに仕上げるには?

布のハンドメイドによく使う三つ折り縫いですが、きれいに仕上げるコツはあるのでしょうか?幅1cmの三つ折り縫いを、普通地の厚さのコットンで作る場合の手順を説明します。

<目次>
 

三つ折り縫いの手順1:折り目位置を決める

三つ折りの縫い方…2本折り目位置を決める

2本折り目位置を決める

布が3枚重なった状態で縫い留めるのが三つ折り縫いですが、折り目をつけるのは2本です。幅1cmの三つ折り縫いを作る場合、1本目の折り目は布端から5mmから7mmの位置を測って決めます。2本目の折り目は1本目の折り目から1cm上がったところにつけるようにします。
 

三つ折り縫いの手順2:真っ直ぐな折り目を付ける

三つ折りの縫い方…アイロンで折り目をつける

アイロンで折り目をつける

アイロンを使ってしっかり折り目をつけます。
このとき、折り返しの幅が不ぞろいに波打つようになってしまうときれいな仕上がりになりません。
三つ折りの縫い方…まっすぐな折り目をつけるには

まっすぐな折り目をつけるには

均等にまっすぐ折り目をつけるためには、写真のように厚紙などをあててアイロンをかけると簡単です。
三つ折りの縫い方…手作りアイロン定規

手作りアイロン定規

特に、この厚紙に目盛りを書き込んで手作りの「アイロン定規」を作っておくと便利です。目盛りに合わせて折り返し幅を決められるので、手早くきれいな折り目をつけることができます。市販のアイロン定規(おすすめはクロバー)をひとつ揃えておいてもいいですね。

 

三つ折り縫いの手順3:端を真っ直ぐ縫う

ミシンを使って三つ折りにした内側の端から約1mmのところを縫いとめます。なるべくギリギリを縫ったほうが美しく見えるのですが、縫い目が曲がったり布端から落ちてしまってはいけません。針の先を見つめるのではなく、押えと布の位置がずれないように見ながら縫ったほうが曲がらずにできるという人が多いようです。
 
同じ幅で縫うための「ステッチ定規(ガイド)」というミシンのアタッチメントも市販されています。

※手縫いの場合は、たてまつりなどの目立たないまつり縫いで仕上げます。
 

三つ折り縫いのコツまとめ

  1. 1本目の折り目を2本目の折り目より若干狭くするのがポイントです。これにより三つ折りにした時の収まりがよくなり、きれいに仕上がります。
  2. アイロン定規を使用して均等な幅の折り目をつけます。
  3. ミシンの針先ではなく押さえと布の位置を見ながら縫います。
以上、3つのコツを意識してきれいな三つ折り縫いを目指しましょう。  

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。