かがり縫いとは? どんなときに使う?

かがり縫いとは、布端がほつれないように縫うことです。

かがり方にはいくつか方法がありますが、ここでは2枚の布を縫い合わせながら布端を手でかがっていく方法と、ミシンで布端をかがる方法を解説します。手縫いについては、巻きかがりとブランケットステッチをご紹介します。
   

手縫いによるかがり縫い ―巻きかがり―

巻きかがりとは、2枚の布を合わせて細かく巻きながらかがっていく方法です。クッション中綿の入れ口などの処理に使います。

布端を折って縫い付ける方法からご紹介します
 
  1. 糸端を玉留めし、縫い代側から針を入れます
    かがり縫い 巻きかがり

    糸端を玉留めし、縫い代側から針を入れる

  2. 2枚重ねて縫います。
    かがり縫い 巻きかがり

    向こう側の生地、折り目から少し離れたところから針を入れる

  3. 折り目に近いところをかがります。
    かがり縫い 巻きかがり

    手前側から針をだす

  4. 等間隔にかがるときれいに見えます。
    かがり縫い 巻きかがり

    巻きかがりは等間隔に縫い付ける

  5. 縫い代から糸を出し玉留めし、縫い代を1回縫います。
    かがり縫い 巻きかがり

    かがり終わりは、縫い代側から針を出し玉留めします。

    かがり縫い 巻きかがり

    少し離れたところで 一針縫います。

  6. 糸を切ります。
    かがり縫い 巻きかがり

    糸を切る

 

手縫いによるかがり縫い ―ブランケットステッチ―

ブランケットステッチとは、その名の通りブランケットの端に使われているステッチです。アップリケによく使われる、カギかっこをつなげていく方法です。

布端を折って縫い付ける方法からご紹介します。
 
  1. 糸を玉留めし、針を縫い代側から入れます。 
    かがり縫い 巻きかがり

    糸端を玉留めし、縫い代側から針を入れる

  2. 布と布の間から針を出します。
    かがり縫い 巻きかがり

    手前の生地をブランケットステッチで縫い留めていきます。

  3. 針を布端に対して90度の角度で刺します。
    かがり縫い 巻きかがり

    生地の折り目に対して90度になるように針をさし、折り目のキワから出す

  4. 糸を針先の下に通します。
    かがり縫い 巻きかがり

    針先の下に玉留めからつながっている糸を通す

  5. 針を出し、糸を整えます。
    かがり縫い 巻きかがり

    針につながっっている糸を引き、整える

  6. 等間隔に縫っていきます。
    かがり縫い 巻きかがり

    生地の折り目からの位置を1針目と同じにして針を刺し、折り目のキワから針を出す

     
    かがり縫い 巻きかがり

    等間隔になるように縫っていきます。

  7. 縫いはじめと終わりをつなぐように縫います。縫いはじめの糸に針穴の方から通します。
    かがり縫い 巻きかがり

    縫い終わりは、縫いはじめの糸とつながるようにします。この時、針穴の方を先に入れる

  8. 縫いはじめの糸に、終わりの糸が通っています。
    かがり縫い 巻きかがり

    針を縫いはじめの糸の下に、縫い終わりの糸が通っている

  9. 糸を引いて整えます。
    かがり縫い 巻きかがり

    糸を整える

  10. 裏側で玉留めします。
    かがり縫い 巻きかがり

    針を裏側から出して玉留めする

         

ブランケットの布端を縫うとき

フェルトやフリースなどほつれない布端の飾りとして縫うときは、角を丸みを持たせて切り、
カーブに沿うようにブランケットステッチをします。

アップリケの際も、カーブに沿うようにステッチをします。
かがり縫い ブランケットステッチ

角は丸みを付けて切り、カーブに沿うように縫います。
 

 ミシンによるかがり縫い

縫い代など布端がほつれないようにミシンで縫う方法をご紹介します。直線縫いのミシンだけでなく、ジグザクで縫えるミシン、専用ミシンなどの縫い方をご紹介します。
  • 端ミシン
  1. 縫い代をアイロンで開いてから、端を5mmほど折ります。
    かがり縫い 巻きかがり

    縫い代の端を5㎜ほどアイロンで折る

  2. 折り目のキワを直線ミシンで縫います。
    かがり縫い 巻きかがり

    折り目のキワをミシンで縫う

  • 捨てミシン
かがり縫い 巻きかがり

目の粗いウールなどほつれやすい生地の縫い代の端をミシンで縫う

  • ジグザグミシン
  1. 縫い代の端より内側をジグザグミシンで縫います。
    かがり縫い 巻きかがり

    縫い代の端から離れたところをジグザグミシンで縫う

  2. 縫い代をミシン線のキワで切り落とします。
    かがり縫い 巻きかがり

    裁ちばさみで、ジグザグミシンのキワで縫い代を切る

  3. 出来上がり!
    かがり縫い 巻きかがり

    ジグザグミシンが縫い代の端になります。

 
  • ロックミシン
  1. 縫い代を綺麗にかがる専用ミシンで、縫い代を切り落としながらかがり縫いをします。
かがり縫い 巻きかがり

ロックミシンは、縫い代を切り落としながら縁かがりをしてくれる

かがり縫い 巻きかがり

生地を切り落としながらかがってくれるので、きれいな縫い代になります。

かがり縫いを綺麗に仕上げるポイント

手縫いでもミシンでも、同じ間隔、同じ幅で縫うときれいに仕上がります。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。