布端を巻くように、破れた箇所の補修や縫い合わせにも

布端をほつれないように縫ったり、破れた箇所や綿入れ口を閉じたり、またフエルトの縫い合わせにも用いる「かがり縫い」を紹介します。布の裏から表へ針を出すように縫い進めていきます。

かがり縫いのやり方・手順

かがり縫い1
 
1:縫い始めは玉結びが隠れるように、2枚の布の間から針を出します。後は、布の裏側から表側に、縫い進めていきます。

かがり縫い2
 
2:実際に2枚のフエルトを縫い合わせてみます。布の間に縫い始めがくるように針を入れます。

かがり縫い3
 
3:布の裏から表へ針を出し、布端を巻くように縫い進めます。

かがり縫い4
 
4:表から見ると、こんな感じに仕上がっています。

かがり縫い5
 
4:布端を上から見たところ。縫い終わりも、2枚の布の間で玉どめをすると、仕上がりがきれいです。

布端から針を刺す幅と間隔がそろうように縫い進めると、針目がそろって、きれいに仕上がります。

【関連記事】
・玉結びの簡単な仕方。手縫いの基本を写真つきで解説
・まつり縫いの仕方!流しまつり縫い&たてまつり縫い
・裾上げの仕方~手縫いorミシンでできる簡単なやり方


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。