初めてでも簡単!ファスナーの付け方

画像のようなペンケースに使用する場合の、ファスナーの縫い方を紹介します

画像のようなペンケースに使用する場合の、ファスナーの縫い方を紹介します

ファスナーの付け方を、ペンケースを例に紹介します。ファスナーの付け方は、表から目立たない(布で隠れるようにする)方法などいくつかありますが、今回は初めての方でも比較的つけやすい方法を紹介します。布をファスナーから3~4mmほど離して縫いつけるので、ファスナーが表から見えますが、ミシンを使用する場合でも、特別な押さえは必要ありません。ペンケースの他にも、ポーチなど雑貨向けの付け方です。


 

ファスナーの付け方手順

画像のような布を2枚準備します

画像のような布を2枚準備します

1:布を準備します。入れ口(ファスナーが付く箇所)の幅はファスナーの長さ、もしくはプラス1cmが目安です。今回は20cmのファスナーを使用。21×10.5cmに縫い線を下書きし、その周囲に1cmの縫い代を取り、布を裁ちました。同じサイズで2枚準備します。それぞれ入れ口を1cm内側に折り、アイロンを当てておきます。


 

準備した布に、ファスナーをマチ針で仮止めします

準備した布に、ファスナーをマチ針で仮止めします

2:ファスナーを表向きに置き、そこに布の入れ口(手順1でアイロンをあてた箇所)を、布が表を向くように置きます(布もファスナーも表を向いた状態)。画像のように、布の入れ口をファスナーから、3~4mmほど離してマチ針で止めていきます。

 
小さな布とボタンを飾りに。布に何か飾りを縫い付ける場合は、布を中表に合わせる前までに済ませておきます

小さな布とボタンを飾りに。布に何か飾りを縫い付ける場合は、布を中表に合わせる前までに済ませておきます

3:2枚の布それぞれマチ針で留め、縫いやすいように、仮縫いします。ちょっと面倒でも、後の作業が楽なので、初めての方はきちんと仮縫いしてくださいね。ファスナーは画像のような感じで布に付いています。仮縫いの時に、ファスナーがきちんと開け閉めできるか、試しておいてください。

 

画像のように、表側からミシンをかけていきます

画像のように、表側からミシンをかけていきます

4:仮縫いが終われば、ファスナー箇所をミシンで縫っていきます。画像のように、押さえがファスナーぎりぎりにあたるように縫います。縫い始めと縫い終わりは、返し縫いを忘れないように。

 

ファスナーを中心に、布の表が内側になるように折ります

ファスナーを中心に、布の表が内側になるように折ります

5:ファスナーを中心に、布を中表に折り合わせます。後で入れ口から布をひっくり返すので、ファスナーは開けておきます。次に脇と底を縫います。脇を縫う時に、ファスナーと重なる箇所が縫いにくければ、手で縫ってください。

 

ファスナーが隠れない付け方なので、サイズと色のあったものを選んでください

ファスナーが隠れない付け方なので、サイズと色のあったものを選んでください

6:ファスナーの余り布が多い場合は、内側に少し折って、画像のように、手縫いでまつります。

 

仮縫いさえきちんとしておけば、意外に簡単にできますよ

仮縫いさえきちんとしておけば、意外に簡単にできますよ

7:開けてあるファスナーの箇所から、布をひっくり返して出来上がり。

 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。