湯たんぽカバーの作り方

横型の湯たんぽカバーは作りやすく使いやすい

湯たんぽカバーを好みのものに変えてみましょう。巾着型が一般的ですが、実は横型のカバーはとても使いやすいのです。縫うのも簡単ですので、ぜひ作ってみませんか。
 

湯たんぽカバーの材料

湯たんぽカバーの材料

材料

今回は高さ約30cm、横幅約27cm、厚さ約10cmのよくあるタイプの湯たんぽ用です。カバーの高さには3cmほどゆとりがありますし、横幅はフリーサイズですが、お手持ちの湯たんぽのサイズを確認してから作り始めることをおすすめします。
  • キルティング布 40cm×105cm
  • ダブルガーゼ 40cm×105cm
  • 紐 30cmを6本
※「布の幅40cm」の部分を湯たんぽの高さに合わせて増減してください。「湯たんぽの高さ+(厚さ÷2)+縫い代とゆとり分4cm」が目安です。
 

湯たんぽカバーの作り方・手順

1. キルティング布とダブルガーゼ布を中表に合わせ、縫い代1cmで図のように縫います。左側は仕上がったときに15cmほど折り込む部分になりますので、斜めに縫って余分はカットします。右側はかぶせる部分になりますので、角を丸く縫います。
湯たんぽカバーの作り方手順

周囲を縫います

※ 左側の赤丸は返し口として20cmほど縫い残します。右側の赤丸部分は2枚の布の間に紐を1本ずつ挟んで縫ってください。 紐の位置は端から15cmあたりにし、紐の端だけが顔をのぞかせている状態で縫います。

2. ひっくり返すとこのように3本の紐が縫いこまれています。形を整え、アイロンで押えます。縫い残した返し口は内側に折り込みます。
湯たんぽカバーの作り方手順

 折り込み部分にステッチ

3.次に、返し口の縫いあわせを兼ねて、左側に青い線で示した部分に押さえのステッチをかけます。端から5mmから7mmくらいで縫ってください。

4. 次に、画像のように向きを変え、端から42cmの位置で折りたたみます。赤い楕円で示した部分を縫いますが、このとき手前になる布を5mmくらい控えてまち針を打ちます。※厚みをずらして縫いやすくするためと、湯たんぽを入れやすいふくらみをつけるためです。
湯たんぽカバーの作り方手順

折ってまち針を打つ

5. ミシンをかけます。端から15cmの位置に紐を挟んだ状態で、なるべくぎりぎりを縫っていきます。
湯たんぽカバーの作り方手順

紐を挟む位置と縫い順

端が斜めになっている折り込み部分まできたら、向きを変えて外側へ向かって数針縫い、そのままフタになる部分の端にステッチをかけます。
湯たんぽカバーの作り方手順

段差部分の縫い方

※ このとき、縫い始めは布の厚みでミシンの押さえ金が斜めになり、うまく進まないことがあります。指で押さえ金の後ろを支え、水平になるようにしてあげると進みます。または同じくらいの厚みのものを挟んでも良いでしょう。
湯たんぽカバーの作り方手順

厚い部分は押さえ金を指で支える

6. ぐるっと縫えました。最後に赤丸で示した位置に、表から最後の1本の紐を縫い付けます。
湯たんぽカバーの作り方手順

もうすぐできあがり

湯たんぽカバーの作り方手順

最後に残りの1本を縫い付ける

これですべて縫えました。
 

手作り湯たんぽカバーに湯たんぽをセットしてみよう

1. 湯たんぽを横向きに入れます。
湯たんぽカバーに湯たんぽを入れる

湯たんぽを入れて・・・

2. 湯たんぽの後ろ側に布端を折り込みます。
湯たんぽカバーに湯たんぽを入れる

折り込む

3. ふたをかぶせ、3箇所の紐を結んでできあがり。
湯たんぽカバーに湯たんぽを入れる

ふたをかぶせて紐を結ぶ

湯たんぽカバーに湯たんぽを入れる

紐をゆるめて足を入れることもできます

紐をゆるめて、ポケット状になったところへ足を入れるとホカホカ!横型カバーでデスクワークの足元などにも使いやすくなりました。冷えとり用にもどうぞ。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。