空き箱を使ったリリアン編みで、手編みのマフラーが作れる

ペットボトルや牛乳パックなどの空き箱を使った手作りリリアン編み機で自作マフラーにトライ!

子供時代を思い出す「リリアン編み」。ペットボトルや牛乳パックなどの空き箱を使った手作り編み機でリリアン編みにトライ!


牛乳パックなどの空き箱やペットボトルを利用して作る、リリアンの編み方をご紹介します。大きめの空き箱を利用すれば、マフラーだって出来ますよ。各手順、画像付きで説明していますので、リリアン・編み物初心者の方も、ぜひトライしてくださいね。
   

編み針いらずのリリアン編み!空き箱やペットボトルを活用

リリアン材料
作りたいマフラーによってイロイロですが、ミニマフラーなら、1~2玉の毛糸で出来ますよ
難易度:★★☆☆☆
【準備するもの】
■空き箱や空きペットボトル
■毛糸
■割り箸
■テープ、ガムテープ
■はさみ など

空き箱は、編んでいる途中にしならないように、丈夫なものをご利用ください。使う空き箱や、毛糸の太さ、割り箸の間隔によって出来上がりのサイズも変わってきます。参考までに、1ページ目のマフラーは、タテ12センチ×ヨコ16センチの空き箱を利用しました。ペットボトルで作るリリアンは、幅が少し細いので、三本編んで、三つ編み風に束ねてマフラーにするといいかもしれません。
 

リリアン編みの「編み機」の組み立て方

空き箱やペットボトルに割り箸を奇数本付けて、編み機を組み立てます。
 
自家製リリアン1
 
【手順1】
ペットボトルを利用する場合は、上下をカットして、筒状にします。切り口が危ないようなら、テープを貼っておきます。空き箱の場合も同じく、底をカットし筒状にします。画像のように、割り箸を、切り口から2~3センチだし、テープで仮止めします。
 
自家製リリアン2
 
【手順2】
割り箸の間隔はお好みですが、参考までにガイドは、ペットボトルは2.5センチ程、空き箱の方は3.5センチ程開けました。割り箸は全部で、奇数本付けます。全ての仮止めが終われば、ガムテープなどで、しっかりと固定します。
 
自家製リリアン3
 
【手順3】
画像左は1.5リットルのペットボトル、右は空き箱(タテ約12センチ×ヨコ16センチ)の編み機。1ページ目のマフラーは、右側の空き箱を利用して、かなり太めの毛糸で編みました。
 
自家製リリアン4

 
【手順4】
毛糸の太さや、割り箸の間隔によっても違ってきますが、参考までに出来上がりサイズの目安です。画像左の青い方は、ペットボトル(手順3の画像左)で編んだもので、幅は約4.5センチ。同じく右側の緑色の方は、空き箱(手順3の画像右)で編んだもので、幅は約7.5センチ。
 

リリアンの編み始め……割り箸に毛糸を交互に巻いていく

編み始め準備1
 
【手順1】
編み始めの毛糸は、編み機の内側に少し長めに垂らします。最初の間だけ、テープで固定しても、いいかもしれません。
 
編み始め準備2
 
【手順2】
割り箸の表側、裏側と交互に通過するように、毛糸を1周させます。ガイドは←の方向(時計回り)に巻いていきました。この巻く方向は、どちらでもかまいませんが、同じ方向に常に編み進めます。どちらか巻きやすい方向で、進行してくださいね。
 
編み始め準備3
 
【手順3】
手順2の図の要領で、実際に巻いているところです。
 
編み始め準備4
 
【手順4】
2周目も同じ要領で巻きます。画像赤い線は、1周目。画像青い線は、2周目、という感じになります。
 
編み始め準備5

 
【手順5】
手順4の要領で、実際に巻いているところです。2周巻き終われば、準備完了。次から、いよいよ編み始めていきます。
 

実際にマフラーを編み始めてみよう!

リリアン編み始め1
 
【手順1】
まず簡単に、図で説明します。先に割り箸に巻いてあった毛糸(画像の青線)の上側に、毛糸を置きます(画像の緑線)。下側の毛糸を持ち上げて、割り箸の裏側にくぐらせます。この作業を、進行方向に沿って、繰り返していきます。
 
リリアン編み始め2
 
【手順2】
手順1の図の要領で、作業している画像です。分かりやすくするために、毛糸の色を変えましたが、実際はずっと同じ毛糸を使用します。先に巻いてあった毛糸は、画像の青い毛糸です。新しく置く毛糸は緑で、青い毛糸の上側にフンワリ置きます。
 
リリアン編み始め3
 
【手順3】
下側の毛糸(青)を持ち上げます。
 
リリアン編み始め4
 
【手順4】
そのまま下側にあった毛糸(青)は、割り箸をくぐって、割り箸の裏側にいきます。新しく置いた毛糸(緑)が、表側にあります。これが基本の作業。進行方向に沿って、次の割り箸に進み、同じ作業を繰り返します。
 
リリアン編み始め5
 
【手順5】
数周すると、こんな感じになってきます。毛糸を置く時は、あまりひっぱらないように置き、フンワリと編み進めていくようにしてくださいね。
 

好みの長さまでマフラーをどんどん編んでいく

リリアン編み続き1
 
【手順1】
しばらくすると、上から見ると、こんな感じに。
 
リリアン編み続き2

 
【手順2】
あとは、ひたすら同じ作業を、好みの長さになるまで、続けていきます。
 

リリアンで作るマフラーの閉じ方・終わり方

編み終わり1
 
【手順1】
好みの長さまで編み終えたら、毛糸をその時使用している編み機(空き箱やペットボトル)の周囲の長さ程を残してカットします。画像のように、割り箸の表側にかかっている毛糸の下側から、カットした毛糸の先をくぐらせます。
 
編み終わり2
 
【手順2】
手順1の続きで、毛糸をくぐらせている所です。
 
編み終わり3
 
【手順3】
全てくぐらせたら、割り箸にかかっている毛糸を、割り箸から外します。次の割り箸に進んで、同じ作業を繰り返します。
 
編み終わり4
 
【手順4】
全ての割り箸から、毛糸を外し終えると、こんな感じです。
 
編み終わり5
 
【手順5】
キュッと口を縛ると、こんな感じに。お好みの状態で、編み目の輪に、毛糸を2周ほど巻きつけて、毛糸がほどけてこないように固結びして完成。編み始めも同じように、毛糸がほどけてこないように結びます。
 
編み終わり6
 
【手順6】
ポンポンを付ける場合は、ポンポンを作る時に、中心を結ぶ毛糸を長めに残します。マフラーの先の方の編み目に、その毛糸をくぐらせて、しっかり結んで出来上がり。

ポンポンの作り方 >> 「毛糸のポンポンで、アクセサリーを作ろう!」

 
編み終わり7

 
【手順7】
大きめの空き箱で仕上げたマフラー。ペットボトルのミニマフラーは、三本編んで、三つ編み風に束ねてからマフラーにするといいかもしれません。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。