その2 縁取りタイプのテープを、1回のミシン縫いで

両折タイプを内側に二つ折りすれば、縁取りタイプになります。ちょうど半分に折らずに、片方を1~2mm長くなるように、少しずらして折ります。

【手順】
黄色の糸で縫ってあるのは、しつけ縫い。後でミシンで縫う線より、少し布端側に、しつけをかけています

黄色の糸で縫ってあるのは、しつけ縫い。後でミシンで縫う線より、少し布端側に、しつけをかけています

1:布の端を、バイアステープで挟みます。テープを少し長めに折ってある方が、布の裏側にくるように置きます。このように、裏側にくるテープ幅を表側より少し長くしておけば、表側から縫った時に、裏側の縫い目が落ちている事がなくなります。慣れない間は、ミシンで縫う前にしつけ縫いしておきます。

 

画像はわかりやすくするために、黒い糸で縫っていますが、実際はバイアステープの色にあったミシン糸を選んでください

画像はわかりやすくするために、黒い糸で縫っていますが、実際はバイアステープの色にあったミシン糸を選んでください

2:バイアステープの、布端と反対側の端を、表側からミシンで縫います(画像では、黒い縫い目の線)。しつけ糸をとって、出来上がり。

 

その3 両折タイプのテープを、2回のミシン縫いで縁取り

【手順】
最初に、裏側からミシンをかけます

最初に、裏側からミシンをかけます

1:布の裏側とバイアステープの表側が合わさるように置きます。テープの折り目より気持ち布端側を、ミシンで縫います(画像の黒い縫い目)。

 

次にテープを布の表まで折り返し、表側からミシンをかけます

テープを布の表まで折り返し、表側からミシンをかけます

2:テープを布地の表側まで折り返し、テープの端(画像の黒い縫い目の箇所)をミシンで縫って出来上がり。







カーブを縫う場合は、テープをカーブに沿うように、少し引っ張りながら、しつけをかけるといいと思います(あまり強く引っ張りすぎないようにしてください)。上手く縫えない場合は、まめにアイロンをかけながら、しつけしていくと、より縫いやすく、きれいに仕上がります。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。