小物作りの強い味方、バイアステープを使いこなそう!

画像上側は両折タイプ、下側は縁取りタイプのバイアステープ。両折タイプを内側に二つ折りすれば、縁取りタイプになります

画像上側は両折タイプ、下側は縁取りタイプのバイアステープ。両折タイプを内側に二つ折りすれば、縁取りタイプになります

バイアステープは、扱い方が難しそうと思っていませんか? ひと口にバイアステープと言っても、使い方は色々。今回は、バイアステープを使った、布端のくるみ方を紹介します。スタイや鍋敷きなど、小物の縁取りに用いられる縫い方です。バイアステープは、布端の処理はもちろん、デザインのポイントにもなります。これで曲線縫いがある小物でも、簡単に出来ますよ! 手縫いの場合とミシン縫いの場合など、いくつかの方法を紹介します。バイアステープを手作りする場合は「バイアステープの作り方」を参照してください。


その1 縁取りタイプのテープを、手縫いで仕上げる

【手順】
バイアステープを広げ、布と中表にあわせます

バイアステープを広げ、布と中表にあわせます

1:布の表側と、バイアステープの表側が合わさるように置きます。画像のように、テープの片端と、布端を合わせてマチ針を打ちます。

 

画像はわかりやすくするために、黒い糸を使用していますが、実際はバイアステープの色にあった糸を選んでくださいね

画像はわかりやすくするために、黒い糸を使用していますが、実際はバイアステープの色にあった糸を選んでくださいね

2:テープの布端側の折り目に沿って、並み縫いします。折り目のちょうど上ではなく、気持ち布端側を縫ってください。

 

布を挟むようにして、テープを裏側まで折ります

布を挟むようにして、テープを裏側まで折ります

3:並み縫いした折り目の箇所を画像のように折ります。さらにテープを布の裏側まで折り返します。バイアステープで布端を挟んだような状態になっています。

 

表にひびかないように、裏側からまつる際は縫い目に気をつけてください

画像は、たてまつり縫いしています

4:裏側をまつり縫いで仕上げます。表側に縫い目がひびかないように、縫ってください。

 

表にひびかないように、裏側からまつる際は縫い目に気をつけてください

表にひびかないように、裏側からまつる際は縫い目に気をつけて

5:出来上がりを表側から見たところ。ほぼ同じ手順でミシンで縫う事も可能です。その場合、手順4の裏側からまつり縫いする工程を省き、表側からテープのきわ(テープを縫わないように)をミシンで縫います。縫い目が落ちないように、あらかじめ裏側のテープが少し表側よりも長くなるように置いておいてください。