スナップボタンやかぎホックの付け方は覚えておくと便利

スナップボタンとかぎホックの付け方をマスターしよう

スナップボタンとかぎホックの付け方をマスターしよう

スナップとホック準備

手縫い用の針と糸を準備します

スナップボタンとかぎホックの付け方を紹介します。いずれも、ただ縫い付けるのではなく、1回ずつ糸の輪に針をくぐらせながら縫っていきます。どちらも同じ要領なので、覚えておくと、繕い物や小物作りに役立ちます。以下の画像では、わかりやすくするために布地と違う色の糸を使っていますが、実際は布地に合った色の糸を選んでくださいね。
 

スナップボタンとかぎホックの付け方の手順

スナップボタン

スナップは凸を上側の布に、凹を下側に

1:スナップボタンは、凹凸で1セット。布を重ねた時に上になる方に凸(画像右)を、下になる方に凹(画像左)をつけます。画像のようなスナップボタンの他に、布を巻いたタイプもあります。大きいサイズの方がしっかりとまりますが、布に力もかかるので、薄手の布にはあまり大きすぎない方がいいと思います。
 
スナップボタン手順1

付ける位置の布を小さくすくう

2:まず凸から、縫い付けていきます。糸は2本取りだと厚みがでてしまうので、1本取りで。玉結びを作り、スナップを付ける位置の布をひと針小さくすくいます。
 
スナップボタン手順2

スナップの穴に針を通す

3:スナップボタンの穴から、針を通します。
 
スナップボタン手順3

マチ針で、付ける位置にとめる

4:付ける位置がずれて作業しにくい場合は、スナップボタンの中央にマチ針を刺して、付ける位置に仮止めします。ひと穴縫ったら、マチ針は取ります。以下の手順では、画像が見づらくなるので、マチ針は取って作業をしています。
 
スナップボタン手順4

穴の外側から針を入れ、穴に針を出す

5:スナップの穴の外側のきわから針を入れ、穴から針を出します。
 
スナップボタン手順5

糸の輪に針をくぐらせる

6:糸をゆっくり引いていきます。 糸の輪が出来るので、そこに針をくぐらせてから、糸をしっかり引き締めます。
 
スナップボタン手順6

糸を引く

7:ひとつの穴に3~4回、手順5と6を繰り返します。ひとつの穴が縫い終われば、次の穴にうつり、4つの穴全てを縫い付けます。
 
スナップボタン手順7

縫い終わり近くで、ひと針小さくすくう

8:すべての穴を縫い終えたら、縫い終わり近くでひと針小さくすくい、玉止めを作ります。
 
スナップボタン手順8

スナップの下を通って、針を反対側に出す

9:スナップの下(もしくはスナップの下の布をすくう)を通って、反対側に針を出します。針を引いて、玉止めをスナップの下に隠して、糸を切ります。
 
スナップボタン手順9

凹を付ける位置に印をつける

10:凸を付けた位置に、凹を付ける布を重ね、ぎゅっと押さえて跡を残します。跡が消えない間に、チャコペンシルなどで印をつけ、同じ要領で凹スナップを付けていきます。 
 
スナップボタン手順10

出来上がり

11:出来上がり。
 
かぎホック

かぎホックも、同じ要領で

12:かぎホックも、スナップボタンと要領は同じ。それぞれの穴を、糸の輪に針をくぐらせながら3~4回ずつ縫い付けていきます。
 

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。