スロトレ=スローなトレーニングで確実に痩せる!

スローなのに、効き目はファースト!

スローなのに、効き目はファースト!

皆さん“スロトレ”をご存知ですか? スロトレとは、その名の通り、ひとつひとつの動作をゆっくり行い、筋肉をつけ、健康的に体脂肪を落とすダイエットのことを言います。

ゆっくり動いて痩せるの? と思うかもしれませんが、筋肉の仕組みを利用し、軽い負荷でもハードな運動をしたと筋肉を勘違いさせ、短時間でもスムーズに発達・増強させていきます。つまり、ジムでつらいマシントレーニングなどを長時間行わなくても、効率良く筋肉を鍛えられるのです。

具体的な方法として、例えばスクワット。通常はしゃがむ→立ち上がるという動作を繰り返しますが、スロトレではしゃがむ→中腰(膝が伸び切らない状態)の動作をノンストップでゆっくり行います。完全に立ち上がると、筋肉はいったん休んでしまいますが、立ち上がりきらないスロトレ方式では、筋肉が働き続けるので、通常の筋トレより軽い負荷と少ない回数で筋肉を鍛えることが可能なのです。

また、このスロトレは加圧トレーニングの特徴とも似ています。ゆっくり動くことで多量の乳酸を発生させ、体脂肪の分解に役立つ成長ホルモンの分泌を促すので、アンチエイジング効果も期待できます。

スロトレ1:背中を中心に全身に効く!「アームレッグクロスレイズ」

ターゲット部位:体の裏側
(三角筋・僧帽筋・広背筋・脊柱起立筋・大臀筋・ハムストリングス
回数:左右合わせて20回


undefined

 

1.うつぶせになり、腕と足を上げる。
床にうつぶせになり、息を吐きながら4カウントで左腕と右脚を同時にあげます。

 
undefined

 

2.反対側の手足を上げる
息を吸いながら元に戻り、顔を上げたまま、息を吐きながら4カウントで右腕と左脚を上げます。

 


スロトレ2:ヒップ、ふとももに効く!「ヒップリフト」

ターゲット部位:お尻(大臀筋・ハムストリングス・僧帽筋)
回数:30回


undefined
1.あお向けになり両膝をたてる
床にあお向けになり、両ひざを立てます。両腕は自然に横に下ろしておきます。
 
undefined
2.腰をゆっくり持ち上げてキープ
息を吐きながら4カウントで腰を高く持ち上げます。さらに息を吸いながら4カウントで腰を落とし、1に戻ります。
 

スロトレ3:お腹まわりに効く!「上体ななめひねりストレッチ」

ターゲット部位:体幹(腹直筋・大腰筋・三角筋・僧帽筋・広背筋・脊柱起立筋)
回数:左右合わせて20回
undefined

 

1.脚を大きく開いて立ち両腕を横に伸ばす
つま先を外側に向け両脚を大きく開いて立ちます。腕は手の平を下に向け、まっすぐ横に伸ばします。


 

 

undefined

 

2.上体をななめに倒す
上体をまっすぐに保ったまま、指先を対角線上のつま先につけるようにななめに倒します。


 

 

undefined

 

3.手足を替えて反対側も同様に
いったん1に戻り、今度は反対側も同様に倒します。


 
いかがですか?ガイドが実際にスロトレをやってみたところ、翌日は軽い筋肉痛になっていました。特に複雑な動きや時間をかけたわけでもないのに、翌日に効果を感じられるというのは、忙しくて時間がないけど、できるだけ早く効果をゲットしたい私たちには嬉しいエクササイズなのではないでしょうか?女性としては、成長ホルモン分泌が活性化されるというのも、かなり魅力的ですしね。スロトレを試してみる価値は大ですよ!


石井直方さん流「スロトレ」はエクササイズビギナーにオススメ!

さて、美容や体力づくりのために効果的で人気の「スロトレ」ですが、たくさんの本が出ていて、どの本を選んだらいいの?と悩む人も多いはず。

ガイドのオススメは、元祖、東京大学教授 石井直方さん著作の「おなかがへこむ!体脂肪が燃える!一生太らない!10歳若返る!10分スロトレ」です。

とにかくシンプルで分かりやすく、エクササイズビギナーさんがチャレンジしやすい内容にまとめられています。ビギナーさんは、どんな動きをどれくらいしたらいいのかが分からず、結局体を動かすチャンスを逃しがちですが、その点もきちんとフォローしてくれます。

加えて、みんなが気になる“おなか痩せ”にフォーカスしたトレーニングが紹介されているので、気になる場所から早くサイズダウンして行き、ビギナーでも楽しんで続けることができますよ。

今回のやり方も、効果的な「石井直方さん流」のスロトレです。もっと詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてくださいね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。