どうする?今年の大掃除

大掃除しておきたいのはどこ?

大掃除しておきたいのはどこ?

毎年年の瀬が迫るたび、大掃除をしなきゃと思いますよね。あっちも、こっちも、全部できればいいけれど、手つかずで終わってしまう所も少なくありません。せめてここだけは掃除したいと、場所も絞る方も多いでしょう。

そんな大掃除の実態を探るべく、gooリサーチを通じて「大掃除をしなきゃと思っているところ」を調査してみました。さて、みなさんの大掃除ポイントはどこでしょう? ランキング結果とともに、掃除のコツも紹介します。

大掃除をしなきゃと思っているところランキング

1位は「窓・網戸」。窓がピカピカになれば、大掃除をしたという感じになり、気持ちいい! さらに網戸まできれいになれば、風通しや換気効果も高まって、運気も上がりそうです。「カーテン」(9位)と一緒に窓辺をきれいにしたいですね。
2位の「換気扇」は作業に手こずるので、年に一度しかやらない方も多いはず。頑固な油汚れも、手荒れをせずに効率良く落とす方法があります。強敵の換気扇を攻略できれば、大掃除がぐんと楽になるでしょう。3位の「照明器具」も億劫になりがちですが、掃除をすると明るくなるのが実感でき、節電にもつながります。

4位にランクインした「押入れ・クローゼット」は、単なる掃除にとどまらず、服や物の整理・処分も必要です。気持ちよく処分する方法や、大掃除などの家事グッズに変身させる方法を覚えておくと役立ちますよ。

そして浴室が5位に入りました。日頃掃除していても、年に1度は大掃除しておきたいものなんですね。普段は手がまわらない目地、排水溝、風呂蓋などをきれいにしておくと、清々しい気分になります。

また、6位「キッチンのコンロ・グリル」、7位「キッチンの水まわり」、8位「冷蔵庫」とキッチン関係が続きました。油汚れ、水垢、残りかすなど様々なタイプの汚れが混在していますから、上手にお掃除したいところ。食にまつわる場所なので、衛生面も気になります。掃除のノウハウを知ることで、効率良く進めていきましょう。
<有効回答者数 1075名/2010年10月 goo調べ>

もともと大掃除は12月13日のすす払いに由来するため、年の瀬まで待つ必要はありません。やるべきところを早めに済ませておけば楽ちんですが、時間がない場合には段取りよく、短時間で済ませましょう。

【おすすめ情報集】
All About大掃除特集

[暮らしの歳時記]topへ
[暮らしの歳時記]記事一覧
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。