バランスボールでお腹を引締め! お腹痩せって意外と簡単!?

お腹を引き締める! バランスボールの簡単エクササイズ

お腹を引き締める! バランスボールの簡単エクササイズ

バランスボールを使ったエクササイズの初級編をご紹介します。これは、ガイド自身も筋力アップには効果大と確認済みの確実な方法です。 
 

なぜバランスボールがお腹痩せに効果的なのか?

バランスボールが効果的な理由は簡単、バランスボールはとにかくバランスを取るのが難しいからです。つまり、バランス力=筋力、バランスを取ること=筋力アップにつながるのです。

最初はバランスが取れずに、愕然とするかもしれませんが、続けるうちにバランス力が養われ、体が変わっていくのが実感でき、そうなるとモチベーションも維持しやすいです。


 

バランスボールエクササイズ:腹直筋ver.

お腹痩せ効果の即効性を求める、わがままな私たちだからこそ、どの部位を鍛えるか? というターゲットを絞る必要があります。まず、お腹痩せのためには、腹直筋は外せません。みぞおち(胸の下)からおへそ辺りの筋肉を甲羅のようにギューっと丸めて、腹直筋をしっかり刺激し、引き締めて行きましょう。


 
バランスボールでお腹引き締め

 

1.両足は肩幅より少し大きめに開き、バランスボールの上にあおむけになりましょう。両手を伸ばし、膝の真下にかかとを置き、姿勢を整えましょう。

 
バランスボールでお腹引き締め

 

2.息を吸いながら、腕を床の方に伸ばしましょう。

 
バランスボールでお腹引き締め

 

3.息を吐きながら、腹直筋を丸めるようなイ
メージで上体を起こします。この時、目線はおへそに。15回を目安に同じ動きを繰り返しましょう。

 

 

バランスボールエクササイズ:腹横筋(ふくおうきん)ver.

次に意識する部位は、腹横筋です。腹横筋とは、お腹の中心から少し横に寄った場所の筋肉。バランスボールをひざ裏にはさむには、太ももの筋力をかなり使います。特に太もも裏のハムストリングスを刺激するので、下半身痩せにも効果大です。ボールは反動を使わず、お腹の力と太ももの力を使っている事を意識しながら、ゆっくりと動かすようにしましょう。


 
バランスボールでお腹引き締め

 

1.仰向けになり、膝の裏にバランスボールを挟みましょう。この時、おへそを床に沈めるようなイメージで骨盤を安定させ、背骨を伸ばしましょう。

 
バランスボールでお腹引き締め

 

2.息を吐きながら、両膝を右側に倒しましょう。この時、なるべく両肩(肩甲骨)は床から離れないように。

 
バランスボールでお腹引き締め

 

3.息を吸いながら、反動を使わず、ゆっくり正面に戻りましょう。

 
バランスボールでお腹引き締め

 

4.息を吐きながら、両膝を左側に倒しましょう。この時、太ももとふくらはぎでしっかりボールを挟み、ボールが転がってしまわないように!左右15回を目安に同じ動きを繰り返しましょう。


 
お腹周りはいつもスッキリ、ホッソリと引き締まっていてほしいもの。この想いはみんな同じだからこそ、”お腹痩せ”という言葉は心に突き刺さりますし、世の中にはいろいろな方法があふれています。

その中から、自分にあった引き締めかたをひとつチョイスすればいいのですから、お腹痩せは案外簡単なのです。自分と相性のいいエクササイズを見つけてしまえば、後は行動するだけ! まずは簡単で楽しそうと思うものからはじめてみましょう。

【関連記事】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。