仕事を辞めずに受験勉強した理由は?


image
入江さんが医師を目指した理由から学校選択、受験勉強の方法などをつづった【子持ち30歳の医学部再受験】。さすが元クリエイティブディレクター!洗練されたデザインと美しい写真が光っています。
---受験を決意してから、実際の受験まであまり期間がなかった入江さん。受験に専念するために、すぐに仕事を辞めようとは思わなかったのですか?
やっぱり資金的なこともあり、すぐには辞められませんでした。子供が産まれた直後だったので「しっかり働かないと」という気持ちもそれなりにあったんです。本当は10月末に辞めて、2カ月くらいまるまる勉強したかったのですが、会社での僕の後任の方が11月入社になり、引き継ぎ期間が必要だったので11月末での退職になりました。



---なるほど資金的なことだけではなく、会社での引き継ぎもしっかり考えてのことだったんですね。ところで私自身、1歳になる子供がいて子供の世話は精神的にも肉体的にも大変だなあ、と実感していますが、入江さんご夫婦はどのように子育て&受験期間を乗り越えられたのでしょうか?
子育ては、もちろんできることは手伝いましたが、料理、夜泣き、授乳などどうしても妻の方が体力的にハードでした。そのうえ、僕が受験するなどと言いだして不安を与えてしまっていたので、彼女の精神的なケアをこころがけました。僕も仕事で勉強の時間がとれないので、土日は1日中勉強したかったんですが、妻の休息に使える時間を作るようにするなどしました。逆に妻の方も、だいぶ僕の勉強のために時間を割いてくれました。


子供のおかげでリラックス!


---仕事と受験勉強の両立で、つらかったことは?
思ったように勉強の時間がとれないことが一番大変でした。

---つらい時や、不安な時、どのようにしてそれを乗り越えたのでしょうか?
結局自分自身が好んで選んだ道なので、つらいなどとは言ってられないし、努力すること自体につらさは感じませんでした。時間が思うようにとれなくて焦ることはありましたが、ひたすら勉強することで自らを落ち着かせていたと思います。また子供のおかげでリラックスできることも多かったと思います。

---受験までにかかった費用は?
参考書に5~6万、模試に3万くらいです。

---
独学だと本当に受験費用は安く済むが、仕事をしながら一人で受験勉強するのは大変だったでしょう。さて、私も見習いたい学費・生活費管理の方法や、実際の大学生生活など(実は会社員より楽…?)、続きは後編でどうぞ!


【関連記事】
・子持ち30歳会社員 小児科医への道(後編)
【インタビュー】・会社を辞めて医師を目指す
・医学部に挑戦する社会人たち
・群馬大学医学部を提訴「大学入試に年齢制限は存在するか?」
・キャリアアップは大学院で!社会人の大学院生急増中
・振り込め詐欺に注意!ニセ学費納入請求
・大学院の実態
・医師免許更新制度実現で資格の常識が変わる
・現役医師の書いた小説が第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。