リーダーはメンバーの役割を明確にする

チームリーダーは、メンバーの役割を把握して個性を活かす

チームリーダーは、メンバーの個性に応じて役割を与える

チームは個性あふれる人の集合体です。チームパフォーマンスを上げるかどうかは、チームリーダーのマネジメント能力にかかっています。

「今日の仕事の成功の5%はテクノロジーの知識によって決まり、残りの95%は心理の知識によって決まる」という言葉があります。あなたはチームメンバー1人ひとりへの関わり方を何種類持っていますか? リーダーとしてメンバーの何に目を向けるかを決めているでしょうか?

コーチングの三原則の1つである「個別対応」のスキルで、メンバーの個性や役割を明確にし活かすことができます。

役割を与えると人はモチベーションが上がる

チームプロジェクトを実行していくとき、メンバーが自分の強みを発揮して活動することがチームの成功に不可欠です。加えて成功しているチームは、リーダーがメンバーに的確な役割を与えています。役割が与えられると役割を全うしようとする責任が生じるので、プレッシャーを感じることはあったとしても、やりがいも感じるものです。逆に、何の役割も与えられていないと、受身的になって意欲が低下します。

でも、「役割を与えましょう」といっても、どんな役割を与えたらいいか戸惑うリーダーもいることでしょう。そこで、まずは2つの役割のどちらかをメンバーに与えるところからはじめてみましょう。それは、タスクとメンテナンスです。タスク(Task)はプロジェクトを指導しメンバーに仕事を割り当てる役割で、メンテナンス(Maintenance)はチームの調和を維持する役割です。