モラハラのワナから逃れられないのはなぜ?

moral5

家庭や職場、モラルハラスメントはどこでも起こる

モラハラを受ける側は、加害者の巧みな操作によって人間性を否定され、「自分はダメな人」と思い込んでしまいます。さらに、加害者は「一緒にいる私は、いつも迷惑を被っている」「被害を受けているのは私の方だ」と、自分の方が被害者であるように、思わせます。モラハラ被害者は、そうした操作を素直に受け入れ、自己否定に陥りやすいのです。

被害者が自己を責めているだけでは、加害者の支配から抜け出すことができません。しかも、加害者は「ダメなあなたを 受け入れられるのは、私しかいない」と、自分自身を「唯一の理解者」であるかのように思わせたり、離れようとすると罪悪感を植えつけ、優しい態度やへりくだった態度に豹変し、懐柔されることもあります。自立性や自己肯定感が低い人ほど、こうした態度に惑わされやすく、支配から脱出できなくなってしまいます。

しかし、モラハラを受け続けると、抑うつや不安、混乱、緊張が続き、心の病を発症してしまうこともあります。こうしたリスクを避けるためにも、本人がモラハラの被害に早めに気づき、加害者の支配から脱出する必要があるのですが、それにはまず加害者の特徴を知っておくことが必要になります。

どんな人がモラハラをするの?

moral6

加害者が自分の行為に気づかないのはなぜか?

モラハラ加害者になりやすい人には、一般的に次のような特徴が見られやすいので、心当たりがないかチェックしてみましょう。

  • いつも自分が優位に立ち、賞賛が得られないと気がすまない
  • 他人の気持ちに共感することや、心を通わせあおうという気持ちがない
  • 他人をほめることをしない。欠点をあげつらい、いつも悪口を言っている
  • 自分の考え方や意見に異を唱えられることを嫌がり、無条件に従うことを要求する
  • 自分の利益のためなら、他人を平気で利用しようとする
  • 自分は特別な人間だと思っている

モラハラ的言動を受けたときには、最初から「解決不可能な問題」と考えるのではなく、まずは、「そう言われるのは嫌だ」「不愉快だ」という自分の気持ちを伝え、相手とじっくり話し合うことが大切です。

とはいえ、加害者のなかには自分の言動のハラスメント性に無自覚な人が少なくありません。それは、都合のよい答えを導き出すために、自分自身の心を操作しているためです。そうすることで、「人を貶めなければ自尊心を保てない」という現実への直面化を避け、自己を防衛しているのです。したがって、被害者が加害者の心を変えようと努力しても、精神的負担を増やすだけで、疲弊してしまうことが少なくないのです。次ページでは「モラハラの対処法」を解説します。