モラルハラスメント」(精神的暴力)を経験した女性へのインタビュー。夫によるモラハラから脱し、新しいパートナーに巡り合ったさかいまみさんのお話をお送りします。


さかいまみさん
前夫と20歳で結婚し、3人の子どもを出産。16年間の夫婦関係で、度重なる精神的暴力を経験し、36歳で離婚。派遣社員として働きながら、3人の子どもを育てる。現在は、新しいパートナーと出会い、その恋愛模様を短歌に綴っている。

---まみさんは、16年間に渡るつらい結婚生活を経験されたそうですね。
結婚前には、まさかこの人にモラハラを受けるなんて思いもしなかった……
結婚前には、まさかこの人にモラハラを受けるなんて思いもしなかった……


前夫は、私が結婚前に勤めていた会社に出入りしていた営業マンでした。とても気さくで快活な人でしたし、結婚したら楽しい家庭になるだろうなと思っていました。でも、結婚してから「あれ?」と思うような行動が増えていきました。

特に、お酒を飲むと前後不覚になるほど荒れることがあって、壁を壊したり、外で暴れて警察に保護されたこともありました。私はあまりお酒を飲みませんし、私の父もそうでしたので、酒乱の怖さがまったく想像できていなかったんですね。

結婚1年後に、前夫の資格合格の日にごちそうを作って待っていたのですが、それを無視してベロベロに酔って帰ってきたことがありました。さすがに私も怒って「どういうことよ!」と非難したのですが、その態度に前夫が逆ギレして、首を掴まれて絞められそうになったんです。前夫を「怖い」と思ったのはそれが最初でしたね。


---そして、結婚生活が進むにつれ、モラハラ的態度が目立つようになってきたのですね。
度重なる言葉の暴力。でも、この頃はまだ夫婦の絆を信じていた
度重なる言葉の暴力。でも、この頃はまだ夫婦の絆を信じていた


すぐにキレて、ケンカ腰で物を言ってくるようなことはしょっちゅうでしたし、言葉遣いが粗すぎて、威圧感を与えることはよくありました。

たとえば、結婚4年目に会社を始めてからは、経理や事務は私が一人でやり、税理士さんに褒められるほどしっかりやっていたのに、「誰の金で飯を食えてると思ってるんだ」「俺が使ってやらなきゃ、お前なんか外では通用しない」とよく言われていましたね。

産後の体をまったくいたわらず、「いつセックスできるのか、医者に聞いてこい」と言ったり、連絡もなしに友だちを大勢家に連れ込んでマージャンを始め、私と子どもを追い出すこともよくありました。

でも、まだ愛情はありましたし、私はもともと物事をマイナスに受け取らないタイプなので、そんな態度を受けても、うまく受け流していました。友だちに話すと、「私だったらとっくに離婚してるよ」とよく言われましたが、あまり深刻に受け止めていなかったんですね。だから3人も子どもを産んで、16年間も結婚生活を続けられたんだと思いますが(笑)。


---そんなまみさんの堪忍袋の緒が切れたのは、なぜですか?
メル友との会話や入院が、結婚生活を見直すきっかけに
メル友との会話や入院が、結婚生活を見直すきっかけに


きっかけは(かなり気が長いのですが)、結婚15年目(当時35歳)でした。当時、ポストペットが流行り始めた頃で、公式サイトの掲示板でメル友を募集できました。そこで知り合ったメル友に家庭の悩みを話すようになりました。

私の悩みはよくあることだと思っていたのに、男性からも「ホントにひどい」「それは普通じゃない」という意見を圧倒的に多く受けたのが、とても衝撃的でした。そして、「世間の夫婦ってこうじゃないの?」「他のダンナさんって、もっと優しいの?」と、次々と疑問が浮かんできたんです。


---それから、離婚に至る直接的な事件が起きて……。

ちょうどこの時期に、私が卵巣から大出血して緊急入院したのですが、彼はお酒を飲んで病院に来て、大声で主治医を罵倒したのです。そんな私を心配してか、病院の看護師さんが「早めに退院してもいいけど、せっかくなら入院期間を利用して、これからのことをよく考えてみては?」と言ってくれました。

前夫は、入院中に来てもいたわりの言葉一つもなく、「お前がいないおかげで、会社が回らなくて困る」と文句を言い、仕事を持ってきては「これやっとけ」と言うばかりでした。そのとき、「子どもたちには申し訳ないけど、この人との生活を一生続けていくのは無理だなぁ」と思いました。


---思いがけない入院で、結婚生活を振り返ることができたんですね。
退院後、家で待っていた夫の言葉とは?
退院後、家で待っていた夫の言葉とは?


さらに、私が離婚を決意した決定的な事件は、退院当日の前夫の態度でした。家に帰ると、私が入院していた間の仕事がダンボールに無造作に入れられてあり、臆面もなく「いつセックスできるの?」と聞くのです。

卵巣の病気なのですから、当分セックスどころじゃありません。それを言うと「セックスもできないんじゃ、家政婦と同じだよな」と冷たく言いました。この一言で、「もう一緒にはいられない」と私の気持ちは決まりました。

同時期に、長女も「お父さんと一緒にいると、心が壊れそうだよ」とポツリと言い、子どものためにも新しい人生を始めた方がいいのかもな、と思いました。子どもたちも、しょっちゅうひどい言葉を受けていましたから、離婚の意志を告げると、すぐに納得してくれました。


---そして、離婚に向けて準備を始めたんですね。
資格を取って、「離婚してもやっていける」と自信が湧いた
資格を取って、「離婚してもやっていける」と自信が湧いた


離婚となると、自分で生計を立てなけばならないのが、最大のハードルでした。家の事業の経理などはやっていましたが、就職に有利になる資格は何も持っていなかったんです。離婚を本格的に考える少し前から、パソコン教室に通ってインストラクター1級の資格を取りました。資格を持つと「なんとか子どもを育てながらもやっていけるかも」と自信が湧いてくるようになりました。