肥満の三角形!

アミノ酸→ブドウ糖→中性脂肪
何を食べても最後は中性脂肪になるんですね!
ちょっと専門的な図になりますが、右の図をご覧ください。アミノ酸から始まる三角形です。

アミノ酸からは、糖も中性脂肪も作ることができますが、よく見ると両方向ではありませんね。中性脂肪からはアミノ酸には戻れません。つまり、中性脂肪になる前に対策を打たないと、なかなか落とせない脂肪がついてしまう事になります。

アミノ酸から始まる代謝は、途中でブトウ糖にして消費することが可能です。しかしブドウ糖から代謝が始まる場合、糖が過剰にあって、かつ脂肪酸が余っていると中性脂肪になってしまいます。しかし、以前の記事に書いたようにブドウ糖と脂肪酸は筋肉で燃やしてしまえば脂肪細胞に行く中性脂肪を減らすことがでるのです。



オススメの食材? 肉は実は低カロリー!

太ると敬遠されがちですが、肉の熱量を計算してみましょう。ある動物の体水分率を、ヒトと同じ60%、体脂肪率を女性の平均の25%とします。この時に除脂肪の75%に全体の60%の水分があります。骨をいれると計算がより複雑になりますが、(60/75)×100=80%が除脂肪部分の水分含有率となります。簡単にいえば肉の80%は水。もし残り20%が蛋白質と仮定すると熱量は20×4=80kcalで、数字的には重量の100gより少ないことになります。


蛋白質を考えるのがダイエットの王道

結局、痩せるには脂肪を取らずに蛋白質を取るのが近道という事になります。蛋白質嫌いは肥満への近道ということになります。

低脂肪の肉からとるのが一番簡単というだけで蛋白質は何からとってもかまいません。毎食事の蛋白質を考えて、筋肉量を維持することがダイエットの王道という事になります。

太らない短鎖脂肪酸ドリンク剤

glycerine
脂肪酸の酸味を打ち消すのはグリセリン!グリセリン自身はブドウ糖と甘ーい関係?
以下は少し専門的な部分があります。化学はちょっと苦手という方は読み飛ばして下さい。以前の記事に書いたように脂肪酸は、炭水化物に酢酸をつけて、最後に酸素を抜いた構造です。脂肪酸は酢酸と同じ酸性の物質です。酸性の脂肪酸も糖アルコールのグリセリンと結合(エステル結合)すれば中性脂肪になります。

中性脂肪を食べると逆にグリセリンと脂肪酸となります。原則として脂肪酸は小腸で中性脂肪を多く粒子(カイロミクロン粒子)となります。食後は一時的に血液(血漿)は豚骨ラーメン状態となっています。こう書くと中性脂肪を食べると最終的に中性脂肪にすべてなって、脂肪細胞に蓄えてしまいそうですね。

実は小腸でカイロミクロン粒子の成分とならない脂肪酸があります。聞き慣れない言葉ですが短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)です。小腸から肝臓に栄養を送る血管系、門脈系に直接入ります。短鎖脂肪酸は脂肪細胞が取り込む前に主として筋肉で消費されてしまいます。太らない脂肪酸とは、短鎖脂肪酸のことです。

短鎖脂肪酸ドリンク剤が存在したら以外と売れるかもしれませんね。

関連リンク
  • 血糖を上げる『カロリー』上げない『カロリー』[糖尿病のガイド]
  • 脂肪が燃えると増える?除脂肪体重の不思議[家庭の健康]
  • 歩いて地道に減らしましょう 太っ腹を何とかしたい![家庭の健康]
  • 除脂肪体重と糖質の関係とは? リバウンドしないダイエット[家庭の健康]
  • 知らなきゃ損!医学的に有効なダイエット法[家庭の健康]
  • 実践! 夏バテ予防の早朝食後ウォーキング[家庭の健康]
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項