「チョコレートできれいになる!?」ってホント?

チョコできれいになる!?
チョコできれいになる!?
最後にガイドが探してきた本は『チョコレートできれいになる』 (ジョン アシュトン (著), ソニーマガジンズ)。ちなみに表紙の帯のうたい文句は「魅惑の一粒が、あなたを美人に変える。・・・チョコレートはダイエットの味方!」

・・・ここまでくると、本当?と突っ込みたくなってしまいますが、とにかく内容を見てみましょう。

======================
これも結論からいってしまいますね。

つまり、チョコレートを食べると太るといわれているのは、大量に食べ過ぎた場合のみ。1日50g以下ならデザートとして悪くないとのこと(大体250~300kcal)。

しかも46gのチョコレートを食べた後、血中のコレステロールを調べた調査があるそうです。すると、善玉コレステロール(HDL)が高くなり、中性脂肪の値が低くなっていたという結果がでたそうです。

理由としては、チョコレートの脂肪はオレイン酸、ステアリン酸が中心なので、かなり良質なものであるためだと考えられるからとのこと。オレイン酸といえばオリーブオイルに含まれている脂肪分ですよね。

ただここでも注意されている事があります。それは、安価なチョコレートにはココアバターではなく加工した植物性脂肪が使われているため避けたほうがよいということ、またバーやフルーツのコーティングに使われる合成タイプのチョコレートも脂肪酸の種類が違うので避けたほうが良いことです。
=======================

ここまでくるとなんとなく分かってきましたね。
では、チョコレートを食べても太らないためのポイントをまとめてみましょう。


賢くチョコレートを楽しむ方法
量より質

・チョコレートが魅惑的な理由は香りと舌触りなので、十分にそれを味わって食べること
カカオバターの含有量の多い上質なものを選んで食べること
・バーで食べる場合はきちんとブロックに分けて、最初から食べる量を決めてから食べること

が重要なのですね。

しかもこれを守って食べれば、健康にも良いということです。

チョコレートは昔から「神々の食べ物」といわれるほど魅惑的な食べ物です。確かに無理に制限するよりは、じっくり味わって幸せな気分になったほうが賢いやり方かもしれませんね。

ちなみにカカオ含有量が多いチョコとして、なんと100%カカオチョコというのがあります。これ、ガイドも食べたことがありますが、一言で言うと感覚的には「薬」です。苦いし、舌もしびれる気がするほどです。でも、意外と病みつきになりそうな味でもありますので「お砂糖をいれないカカオバターってどんな味?」ということを知りたい方にはオススメ。量も食べられないので健康的なチョコとしては一番です。カカオ100%のチョコを試してみたい方はSatieで購入できます。

でも、そこまでいかなくても・・・という方はカカオ含有量70%以上くらいのチョコレートがオススメ。一応70%くらいなら甘さもありますし、食べやすいですしね。

バレンタインはいろいろなチョコレートが試せるので楽しいですよね。
賢く選んで、幸せなひと時をすごしましょう!

**************************
『お医者さんって、どんなことを考えながら患者さんを診ているの?』と思ったこと、ありませんか?例えば、がん患者さんに対して、お医者さんはどんなことを考えているのでしょうか?
それを解説したガイドの新刊が出版されました。『生命の羅針盤 -医師である娘が末期がんの父を看取るとき』はこちらです。


*関連おすすめINDEX*
  • 疲れるとどうしてチョコが食べたくなるの? バレンタインのチョコレート講座
  • 健康になる食事
  • 食と健康
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項