ワードをカスタマイズして使いやすくしよう

ソフトウェアを自分専用に使いやすく調整することを「カスタマイズ」と呼びます。購入直後のWordは、"万人向け"に設定されていますので、使い続けるうちにいろんな不満が出てきます。それをカスタマイズすることで、自分にとって使いやすいWordを作っていくことができます。

画面のデザイン、機能の有効/無効、ショートカットキー、ボタンの追加・削除など、Wordはさまざまな項目をカスタマイズできます。

たとえば、Word 2003では[ツール]→[オプション]を選択すると[オプション]ダイアログボックスが開き、さまざまな項目を設定できます。Word 2007の場合は、[Office]ボタン→[Wordのオプション]を選択して[Wordのオプション]ダイアログボックスを表示すると、数多くの設定項目が表示されます。

Wordの操作にある程度慣れてきたら、ぜひカスタマイズを行って、自分だけの使いやすいWord作りに挑戦してみてください。

Word 2003では[ツール]→[オプション]を選択すると[オプション]ダイアログボックスが開き、さまざまな項目を設定できます
Word 2003では[ツール]→[オプション]を選択すると[オプション]ダイアログボックスが開き、さまざまな項目を設定できます


Word 2007では、[Office]ボタン→[Wordのオプション]を選択すると[Wordのオプション]ダイアログボックスが開き、さまざまな項目を設定できます
Word 2007では、[Office]ボタン→[Wordのオプション]を選択すると[Wordのオプション]ダイアログボックスが開き、さまざまな項目を設定できます


【関連記事】
  • 無償で使える小学生用Office 2010
    小学生でも簡単にWord 2010を使えるようになる「Dr.シンプラー 2010 Lite」というソフトを紹介します。Office 2010のユーザーであれば、無償でダウンロードして利用することができます。
     
  • ワード2007でよく使う機能をボタン表示する
    Word 2007では、「クイックアクセスツールバー」を自由にカスタマイズできます。よく利用するボタンを割り付けておくと、すぐに実行できるようになるので、たいへん便利です。
     
  • 無償で使える子供用Office 2007
    ビジネスで使われることの多いOffice 2007を子供用にカスタマイズするアドインプログラム「Microsoft Office きっず 2007」を紹介します。自宅や学校にあるOffice 2007を子供にも使わせてみたい! という方は、ぜひ試してみてください。
     
  • Word 2007を2003に変身させる?
    Office 2007に旧Wordのドロップダウンメニューとツールバーを復活させるソフトウェアが登場しました。さっそく、Word 2007での使い勝手を試してみました。

  • Word文書の既定フォルダを設定する(2003/2007)
    [開く]ダイアログボックスや[名前を付けて保存]ダイアログボックスで、最初に選択されるフォルダを変更することができます。特定のフォルダにWordファイルを保存したいとき便利です。

  • ファイル一覧で文書を縮小表示させる(2003/2007)
    Word 2003/2007では、文書ファイルを読み込むとき、文書の縮小表示(サムネイル)を表示させることができます。

  • 常にすべてのメニューを表示する(2003)
    Word 2003のメニューは、使い方によって表示されるコマンドが変化します。今回は、この機能を無効にして、常にすべてのコマンドが表示されるようにするカスタマイズを紹介します。




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。