ワードで罫線を使うには

Wordの書類の中では、端から端まで点線や直線、2重線を引くことがありますよね。種類はそんなにありませんが簡単に引く方法をご紹介します。また、切り取り線などにお使いいただくようなはさみのマークを入れる方法もご一緒に説明します。


罫線の引き方

まず最初は、罫線を端から端まで引く方法です。「日本語入力」をオフで操作しましょう。

(1)実践

ハイフン「-」を3回入力し、[Enter]キーを押します。



実線が引かれます。



(2)2重線
イコール「=」を3回入力し、[Enter]キーを押します。



2重線が引かれます。



(3)点線
アスタリスク「*」を3回入力し、[Enter]キーを押します。



点線が引かれます。



(4)波線
「~」を3回入力し、[Enter]キーを押します。



波線が引かれます。



(5)太い実線
アンダーバー「_」を3回入力し、[Enter]キーを押します。



太い実線が引かれます。



(6)太い線と細い線の組み合わせ

シャープ「#」を3回入力し、[Enter]キーを押します。



太い線と細い線の組み合わせが引かれます。



【日本語入力をオンにした場合】
・「=」「-」「_」は、上記の操作で、必ず[Enter]キーを2回押します。すると、それぞれの線になります。
・その他の「#」「~」「*」は、記号を入れたあと、「F10」キーで半角にしてから、「Enter」キーを押します。


切り取り線の引き方 はさみのマークはどこから?

切り取り線などは、罫線の左側にはさみマークなどがあるとわかりやすいですね。このマークは、[記号と特殊文字」から出します。この場合の罫線は、前のページでご紹介した方法の線では位置がずれてしまうので図形描画ツールバーの[直線]で引きましょう。

1)[挿入]-[記号と特殊文字]をクリックします。
「挿入」タブ→「記号と特殊文字」

「挿入」タブ→「記号と特殊文字」


2)表示された[記号と特殊文字]ダイアログボックスの、「記号と特殊文字」タブで、はさみマークを選択します。

「記号と特殊文字」ではさみマークを選択

「記号と特殊文字」ではさみマークを選択



3)現在、カーソルの表示されている場所にはさみマークが挿入されます。

4)そのはさみの右に罫線を引きましょう。[挿入]タブの[図形]から「直線」ボタンをクリックします。

5)はさみの右の真ん中から[Shift]キーを押しながらドラッグし、線を引きます。

6)この線の種類を点線にする場合は、線を右クリックして「枠線」から「実線/点線」から好きなスタイルを選択しましょう。
太さや実線/点線などスタイルを変えることができる

太さや実線/点線などスタイルを変えることができる




※点線になりましたね。はさみのマークもドラッグして、フォントサイズを変更すれば大きくなってわかりやすくなります。
完成はこちら。




便箋のように罫線を引く方法

ワードに便箋のような線を引くには、まず、1ページの最後の行まで「Enter」キーを押して改行します。そして「Ctrl」キーを押しながら「A」キーを押してすべて選択しましょう。それから「デザイン」タブより「ページの罫線」をクリック。

「デザイン」タブより「ページ罫線」を選択

「デザイン」タブより「ページ罫線」を選択

ダイアログボックスより「罫線」タブを選択します。
ダイアログボックス

ダイアログボックス

左の種類を「指定」にし、中央の種類で線のスタイル、色、太さを選び、プレビュー欄の横罫線のボタンをすべてクリック。設定対象を「段落」にして「OK」をクリックすると、罫線が全ての行に引かれます。

便箋のように罫線が引かれた

便箋のように罫線が引かれた

 

罫線を消す方法

罫線を引くには、罫線を消したい段落を選択し、「ホーム」タブの「段落」より罫線ボタンをクリック、メニューより「枠なし」を選択すると、罫線は消えます。
「枠なし」を選択

「枠なし」を選択



【関連記事】

▼Wordの基礎・オートシェイプの活用(石渡のリンク集)

▼Wordの使い方(井上健語ガイド)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。